日の本にて…  ハロー、シカゴ



2008年 08月 15日 ( 1 )


子育てについて考える 1(教育編)

教育について①

我が子、日本を出るときに買ってきた山ほどの知育カード類、ほとんど覚えてしまった。
これはごくごく一部。
c0123806_12152971.jpg
全部、奥さんの努力ですけど。

「カード、するの(して)」「本、読むの(読んで)」、一日中この調子で、そのように育ててはみたものの親のほうが参ってしまう。

子育てって奥が深い。



んで、最近の奥さんの悩み
「国旗をいっぱい覚えたって、120まで数えられたって、ことわざや四字熟語がいくら言えたって、おむつも取れないんじゃ、人としてどーなの?」。

すみません。私の説明不足です。

結論、全く気にしなくてよし。理由は2つ。

理由1。
今やってることの目的は、前頭葉を鍛えるためだから。

脳の前頭葉は我慢したり、相手を思いやったり、人間が人間らしく行動するための思考をつかさどる部位だと言われている。

実は、声に出して文章を読んだり、数を声を出して数えたり、簡単な計算練習をするのは前頭葉の発達に大いに役立つことが証明されている。

ちょっと前によく言われた「キレる」人というのは、前頭葉がツンツルテンの人ではないか。

なので、我が子の場合、今覚えている国旗やことわざなど全て忘れたって構わない。

というより、忘れるのが当然。人間は忘れるもの。

高校で習った微積分、今もバリバリに覚えている大人は少ないはず。

ちなみに、基本の四則を忘れにくいのは単に毎日使っているから。

つづく

ほんだらの。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
↑内容が硬すぎっすか?ぽちっぽちっ!?

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-08-15 12:19 | 子育て


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧