日の本にて…  ハロー、シカゴ



<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


会議は踊る、されど…

僕の所属しているシカゴ事務所には朝礼がありません。

皆、フレックス。ありがた~っ。

毎週、木曜日が唯一の会議。
c0123806_11343165.jpg
大体2時間くらいの会議で、20個くらいの議題を片付けます。

勿論、本決めしてないことも多いのですが、会議と言うよりも「ジョン、これをお願い!」「ベスに任せてあるこの件、どう?」といった確認だけで済むんです。

アメリカ人の仕事のスタイルは分業制。
誰かに一旦任せたら、あとは周りはあまり詮索しません。
(途中経過を報告させたがる日本人上司は、このためにこちらでは失敗します。)


日本は会議が好きですよね。
(うちの会社だけ?)
朝礼は勿論、毎週、はては毎月の会議などがあったりして。

もちろん大切なんで一概に会議を否定しませんけど、僕が大の苦手だったのは、

・議論も大詰め、もうすぐ会議も終わりそうという時に限って、「そもそもこれは本当に必要なんでしょうか?」と、したり顔で言う人。

はよ言え。

・やはり終わり頃、「みんな、最終的なイメージを具体的に持ってるの?何のためにやるの?」と、俺の出番だとばかりに言い出す人。

さき言え。

そういう時だけ「俺はお前らとは違うんだ」光線を出すなってんだ。はんっ。

そんな人は今のところ、アメリカにはいませんねー。
ばんばん意見言って、さくさく終わらせてます。

会議中もずっと何か食べてるアメリカ人。
会議は食らう、されど進む。
感じでしょうか。

ほんだらの。


柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/

ブログダイエット 6日目
c0123806_1157222.jpg
体脂肪率25。
ちなみに朝は81.0キロ、体脂肪率29だったんですけどねー。体脂肪率は当てにならんな。
朝、トンカツ、ごはん
昼、ベジタブルサンド、ベジタブルスープ
夜、トンカツ、キャベツ、きゅうり、味噌汁
ダイエット言うてる奴が、トンカツ食うなっー!
[PR]
by shibaei | 2008-05-30 12:03 | 海外

玩具に見え隠れする大人の事情

玩具売り場に行くと、「おっ、今度はこんな映画があるのね?」と分かったりします。

玩具コーナー以外でも、店内・チラシでやたら、インディ・ジョーンズを見かけるなと思ったら、公開してたんですね、
「インディ・ジョーンズ -クリスタル・スカルの王国」
c0123806_10401435.jpg
日本でももうすぐ公開ですね。

こちらでは映画公開のかなり前から玩具をはじめとした関連商品市場が活発になります。



日本は結構、ギリギリまで控えたりするじゃないですか?

主題歌の発売は通常、ドラマなら放送開始後、映画でも公開直前。
(宮崎駿監督の次回作は既に主題歌CDが発売されてますが、あれは異例でしょう。)
c0123806_10434366.jpg
これは私のブログでちょくちょく登場のMr.ポテトヘッド、インディ・ジョーンズ版。

こうした映画自体の興行収入と関連商品と売上との両方を本格的に意識して売り出したのは、ジョージ・ルーカス監督(だったはず)。
スターウォーズ1作目(エピソードⅣ)で打ち出したもの。

余談(有名な話です。)
もし、三船敏郎氏がルーカス監督からのダースベイダー役のオファーを受けていれば、三船氏の玩具が世界中にあふれてたはずなんです。
エピソードⅠ~Ⅲの主役(アナキン、後のダースベイダー)も日本人だったかも!?
うーむ、残念。

c0123806_1051426.jpg
最初の動員数では大コケしてるらしい「スピード・レーサー」。
日本の原作名「マッハGO!GO!GO!」。

関連商品売り上げはいいみたいです。

写真左の緑は「超人ハルク」。また、リメイクするの??


「トイ・ストーリー3」が現在、製作中で公開はまだまだ先らしいですが、玩具は既にリニューアル。
c0123806_1056581.jpg
買ってしまいました。

このラジコン・バギー、1作目のラストに大活躍!
ウディも付属!
ウディもバズ(別売り)も乗せられる!
25ドルでラジコンが買えるって、私の世代の子供時代には考えられなかったこと!

はい、全部、言い訳です。

「ドラゴンボール実写版」の玩具が売り場に並ぶ日も近いんでしょう。買うのか?


商品売り上げによっては、玩具や食品業界から突き上げを食らう制作サイド。
でも、そのつけは全部、視聴者・客に来ます。

最近のハリウッド大作はある程度の売り上げが見込める、続編やリメイクばかり。
大量消費娯楽追求文化の限界なんでしょうか。

特に子供向けの映画・アニメ・特撮こそ、大人の事情に左右されやすいって何か残念…。
(がんばれ、仮面ライダー・キバ制作者の皆さん!)

本日のブログダイエット 3日目
c0123806_11152922.jpg
-0.4キロ。体脂肪率かわらず26。

朝、ミニクロワッサン2個。
昼、イタリアン・サンドイッチ。
夜、とうもろこし、納豆、味噌汁。
基本、昼は好きなものを食べます。

30分の散歩を日課に。運動できないのでかなり長期戦になりそうです。既にげんなり。

ほんだらの。

↑今日も読んでくれてありがとうございます。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-27 11:35 | マンガ・アニメ

体脂肪の気になる方へ・・・ 人が太る理由

土曜の朝は6時起きっ!!
c0123806_23344736.jpg

なぜならば、「ルーキーズ」がこちらの朝6時(日本時間の土曜夜8時)に始まるんで。
ロケーションフリー経由。

勿論、ちょっと我慢すれば、動画サイトで観られるんですけど、まぁ、生(?)で観たいじゃないっすか。

んが、バレーボールやってるやん!!

何のための早起き…。

というわけで、朝から散歩です。

実は、1年以上ぶりに体重計に乗ってみたら、恐ろしい数字をはじき出しやがったんです。うちの体重計。
最初、体重計が壊れたんだと思ってしまいました。
歴代最高体重を軽く更新。
c0123806_23355026.jpg
(以下、写真は近所の中華レストラン"Jockey Wok'n Roll'。ヒギンズとロゼールの交差点にあり、土日は飲茶形式で食べられます。写真と本文はちょびっとしか関係ありません。)






c0123806_23401465.jpg
シカゴに来た当初、ちょうど1年前の6月、やたら運動するアメリカ人を見て「偉いなぁ」と思う反面、「食べる量を減らしたらいいのに」と思っていました。

甘かった…、天知茂ですわ。



こっちに来て以来、
c0123806_2340555.jpg
・飲みに行くことは基本的になし
・もともと家ではあんまり飲まない
・もともと朝食は食べない
・昼食は奥さん手作りの弁当
・間食はほとんどしない
・夜だけ多め、ご飯2杯
・夜食に興味なし

という生活をしていたので、食生活的には日本時代より、ずっと健康なはずと思ってました。
c0123806_2348405.jpg
自覚症状はあったんです。→勝手な思い込み
・ジーンズがきつい
 →洗濯で縮んだ
・Tシャツがきつい
 →アメリカのシャツは日本人に合わない←実は日本で買ったやつだった。
・靴や靴下を履くとき、かがめない
 →年齢の所為で体が硬くなった
・鉄棒に20秒しかぶらさがれない
 →筋力が落ちた

恐るべき他力、責任転嫁。

甘い…、天知真理ですわ。

食事は当然大事でしょうが、運動です、運動。必要なのは。
c0123806_2349661.jpg
ここシカゴではながーい冬の間、運動することは全くなく、車での通勤、全てを車での移動と、下手すると一日数歩しか歩かないような生活を余儀なくされるわけです。
意識せぬ間にフォアグラ状態なんですね。
アメリカ人の多く(一定以上の所得者)がスポーツクラブに通うのはこの所為なんでしょう。

さらに、せめて短い春と夏の間は、せこせこと外で汗を流すことに励みたくなるんでしょうな。

ものすごーく理解できます。実感として。
誤解しててすまぬ、アメリカ人。
シカゴ以外のアメリカ人が太ってるのは食いすぎだと思う。やっぱり。

問題は、私の現体重では既に運動もままならんこと。
c0123806_23575223.jpg
増えすぎた体重を支えるだけの骨と筋肉の強度がないんです。
ちょっと走ったり、縄跳びしたら、膝や足首が悲鳴をあげます。

歩くしかないみたいです、しばらく。

ある程度、体重が落ちたら、運動もできるようになるかもしれません。

c0123806_013810.jpg
(写真左の北京ダックは避けた方が無難です。日本人には合わないかも。)

というわけで、定期的に私のブログを覗いてくれている方々には、大変、申し訳ないのですが、この場を持ってしばしばダイエット報告をさせていただきます。
名づけて「ブログダイエット」。

既に試されている方が多いような企画ですが、私の場合は、発行の度に必ず巻末で結果を報告する形で。
すみませんが、お付き合いください。

本日の体重。
c0123806_06882.jpg
これでも昨日、飲茶を食べた後に比べると2キロ、落ちてます。
(食べた分が減っただけですけど。)

うーむ、170センチの身長に対する体重としては、メキシコのプロレスラーにもひけを取りませぬ。ちなみに体脂肪率26。

とりあえず、70キロ台を最初の目標。
次に、東京時代の77キロまではもどします。
理想は75キロ。

ほんだらの。

↑お願いばかりですみません。よかったらぽちっ。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-26 00:38 | 海外

秘密の小部屋

(お食事中・お食事前の方は食後にいらしてください。)

今回、数少ない女性読者が激減するのを恐れながらも、男の私にしか書けないことを書く。

5月の最終月曜日はメモリアルディという祝日。
全ての戦争で亡くなった兵士を追悼する日なんだと。

ただ、学校は今日からもう休み。
で、実は、うちの事務所は開店休業状態。なんと社員さえ、ほとんどいない。
皆、有給。

気軽に休み、取るんだよな。
大好き、この感覚。

で、日頃は女性が多いうちの事務所なんだけども、今日は男性ボスとちんたらやってます。
(これを書いてるのは休憩中ね。)

前々から気になってた、女性のいるところでは聞けない、男の秘密を聞いてみた。

これがうちのビルのトイレ。
c0123806_518855.jpg
ビルやスーパーのトイレって、大体こんなもん。

個室のしきりは上も下も空いている。
これは防犯上。





これが個室。
c0123806_5194812.jpg
便座の位置が高いでー。

足が届きかねる!

これ、笑いごっちゃなく、かなり深刻。
ふんばりが利かんのだ。
痔持ちにゃ特に厳しい。

何を質問したかというと、「小用を足すのにわざわざ個室に入る人が多いのは何で?」

自分が個室にいると、小便器が空いているにも関わらず、隣の個室に入ってきて小用だけを足す人がかなり多い、ということに気づく。

足元から靴が見えるので、音だけで判断してるわけじゃないぞ。
座ってないのが分かるんだもん。明らかに。

答え。「恥ずかしいから」

幼い頃からシャワーも一人で浴びる習慣(ロスです。2で紹介)から、局部を見られるのがしこたま嫌いだそう。
例え、横からでも「見られるかも」と思うのが嫌なんだって。

よし、疑問解決。
いい休日を迎えられそう!?

ほんだらの。

↑なるほど!と思ったら一押し、お願い。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-24 05:32 | 海外

ロスです。後、シカゴ。

飛行機に乗ることが珍しかった頃、可能な限り、窓側の席を取っては、雲海などを眺めてました。
子供時代ではなく、20代後半の頃の話です。

でも、体は硬くなったし、トイレは近くなるし、と最近はめっきり通路側派。

今回、研修が予定より早く終わったので、1便早い機を空席待ちで申し込みました。

アメリカで空席待ちする場合、ゲート近くで自分の名前が呼ばれるまで待機です。呼ばれたときにいなければ、無かったことになります。

無事、空席が取れ、それが窓側でした。

定刻通りに動き出したので、「子供が起きてる間に帰れるかも」と思ったら、「滑走路が塞がれているので数分待ちます。」とのこと。

「数分」は60分でした…。

すったもんだがあって、漸く離陸。
c0123806_1255165.jpg

大陸と太平洋の境界線が続きます。
c0123806_12552980.jpg

ロスからは日本行きにしか乗ったことがなかったのですが、初めて、海上で旋回して東に向かいました。

日本は緑の国というイメージですが、こうして見ると、アメリカはほんとに真っ茶色の国。
c0123806_1313767.jpg

これなんか、小学校の職員室近くの廊下に掛かってた立体地図みたい。
c0123806_1315177.jpg


久々の窓側、しかもまだ明るい時間のフライトということで、外を眺めるのもいいもんですなーと実感。

やっとシカゴに到着。
c0123806_12541011.jpg


それにしても、隣に座った50歳くらいの熟年アメリカ人夫婦。
滑走路で待機していた時間も合わせて、計5時間、旦那さんがずーっと奥さんの太ももを撫で回しておりました。
愛情なのか、習慣なのか、義務なのか、おすけべなのかわかりませんが、とにかく脱帽。

ほんだらの。


柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-22 13:16 | 海外

ロスです。2

朝から研修です。

朝食をグループ討議の席で食べるので、研修は最初から和気あいあい。

昼食はホテルの中庭で。
c0123806_9305131.jpg

あいにくの曇り空でしたが、気持ちよかです。
c0123806_9345387.jpg
エンターテイメント性を重視するお国柄だからなのか、こっちでは、会議や研修でさえ、ちょっとしたアトラクションやお土産が用意されていることが多いのです。

同じようなことを、日本でやったら、内部や顧客から「予算をどう考えているんだ!」って怒られるだろうなぁ、絶対。

社員が元気に仕事できる状態を作るのも必要じゃないですかねー。

勿論、予算は大切ですが、何を必要経費とするか、意識の違いでしょう。

また、研修中に何度かアイスブレーキング(場を和ますためのゲーム)をいれます。
日本と圧倒的に違うのは、参加者がそれを楽しもうとするところ。
冷めた人が少ないんです。

昨日改めて湧いた疑問を、仲良くなったアメリカ人に質問してみました。

これが今回泊まっているホテルのシャワー。
c0123806_9541768.jpg
これでも水の噴出口が大きい分、他のホテルよりマシです。
他はもっとシンプル。

疑問が出ません?

蛇口が動かない(ホースがない)ですよね・・・。

「アメリカ人ってお尻を直接、洗わないのか?」

うーむ、惜しい。
(それも疑問ですが、それは質問できないです。)

「子供をどうやって風呂に入れるんだい?」

先日の初アメリカ国内家族旅行で感じたのですが、子供と一緒に風呂に入るのにこんなシャワーじゃ、ほとほと難しいんです。
(洗い場なんて当然ないですし。)

彼の答えは「赤ん坊のときはベビーバスを使って、少し大きくなったら、バスタブにお湯を入れて子供だけを入らせるんだよ。親はバスタブの横でそれを見てる」んだそうです。

親は見てるんです。
服着たまま。

なので、大抵のアメリカ人はお母さんの裸は覚えてないそうです。

うーん、おかんなんて裸でうろうろするもんだと思ってましたが。

日本の銭湯のシステムに驚くアメリカ人が多いのは、こういうバックボーンがあるからなのかもしれません。

これに関しては、日本の風習の方が圧倒的に好きだな。

ほんだらの。

↑おかげさまで随分とたくさんの方がこのブログを覗いてくれているようです。ありがとうございます。よかったら押してください。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-21 10:21 | 海外

ロスです。

シカゴからロスまで4時間ちょい。

でも、12時40分ごろにシカゴを発って、2時45分にロス着。
c0123806_9245123.jpg

時差2時間なんですね。

というわけで、研修のため人生3度目のロス。
現在、空港から20分ほど北、サンタモニカの南にいます。

時間はロス17時半。
シカゴは19時半。日本は朝の9時半ですな。

なので、日差しはまだおやつの時間のようですが、めっきり腹減りました。

ホテルから。
c0123806_9292265.jpg

シカゴと違って遠くに山が見えます。

写真、アメリカ国旗の辺りがモールのようです。

やっぱり。おっ、パンダ発見。
c0123806_9305513.jpg
面倒臭いので、パンダ(中華系のファーストフード)で済ませました。

うーん、もっと冒険せんかい、俺。

屋外の席でスズメにお裾分けしながら食べましたが、日差しはすっかり夏です。

隣のスーパー、PAVILIONSで夜食の買出し。
c0123806_9343047.jpg
なんと、缶ミロがありました。さらに、メロンパンみたいなのが。

夜まで待てずに今、食ってしまいましたが、はたしてメロンパンです!

さっ、仕事しよっ。

ほんだらの。

↑よかったらぽちっとな。
柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-20 09:41 | 海外

ネイビーピア

あったかくなって、家族から「ダウンタウンに連れてって~」との声がどんどん大きくなる。
(正式には約1名の声)

個人的には3回目、家族では初のネイビーピア。
c0123806_10481679.jpg

埠頭をアミューズメントパークっぽくしてる。

写真の左側はずっとショッピングモール、右側は船着場。


これはウインディ号。
c0123806_1054833.jpg
3時と7時発。
大人30ドル。子ども(3-12歳)20ドル。

帆船タイプ。






こっちはシードッグ。
c0123806_10543261.jpg
大人21ドル。子ども17ドル。

屋根なし。
気持ちよさそー、けど、寒そー。

他にも客船タイプや蒸気船タイプなど、いろんな船でミシガン湖を周れるよう。



他、アトラクション系としては観覧車やメリーゴーランドなど4種類ほど。
c0123806_1114379.jpg

観覧車だけは6ドル。他は5ドル。
でも、お徳用チケット
2回分、9ドル。
3回分、10ドル。
4回分、11ドル。
5回分、12ドル。
値段はあって無きが如し。
チケット売り場だけが大混雑してた。あとは空き空き。

モールは基本的に食べ物屋系中心。
あとは子供博物館やシアターなどもあるが、小さい子連れ家族には見る所も遊ぶ所も少ないかなぁ。

ただ、ぶらつくだけ、湖を見るだけで満足できるなら、安上がりに一日過せるはず。
あっ、駐車場は時間に関係なく23ドル。

一番先からの眺め。
c0123806_1125515.jpg

子どもがいなければ、一日中、ぼーっとここでいられるかも。

ほんだらの。

↑よかったら一押し、お願いします。
柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-19 11:26 | 海外

マクドナルド50周年記念店舗 in ダウンタウン・シカゴ

いよいよシカゴ・ダウンタウンにパチンコ店出現!!
c0123806_113743.jpg

ってうそっす。
c0123806_114227.jpg

フランチャイズとしてのマクドナルドはシカゴ生まれ。
これは、2005年のマック50周年を記念して作られた特別店舗だそう。

c0123806_115596.jpg
2階建てで、中央にはエスカレーターが。

マックで(店内)エスカレーターってあんまりない。多分初めて見た。俺は。

それにしても、マック店内って巨漢な人の割合が急にアップする気がするのは俺だけ?

エスカレーターを上ると2階はカフェ。
c0123806_1173422.jpg
2階には通常のマックメニューなし。

店の中央がカフェの厨房で、その奥にちょっとした記念館がある。

写真右からぐるっと厨房を周るようにして歩くと、マック創世記から最近までの歴史が軽くわかる。

1950年代の陳列。
c0123806_1115621.jpg
最初の頃のハンバーガー1個、15セント。

スピィーディーに客をさばく製造方法を考えたマクドナルド兄弟と、それをフランチャイズ展開することを考えた人物は別ですと。

マクドナルド兄弟の店はカリフォルニア。
フランチャイズ1号店がシカゴ、デスプレイン(うちの近くといえば近く)に。
c0123806_11192461.jpg
50年代のポテトヘッド。
(比べてみよー。参照「ディズニーワールド2日目」)





1960年代、ロナルド・マクドナルド!? 初登場!
c0123806_1124438.jpg

子ども、泣いたやろ、絶対。

1970年代、さらなるキャラクター展開。
c0123806_11251811.jpg
おったー、これ、ビッグマックポリスとハンバーグラー!?

彼らって、日本マクドナルドのオリジナルじゃなかったのね。

でも、どこ行ったの?

そーいえば、昔、マックの午後5時ごはんってあったなぁ。

ほかにも「マックのカレー」って山田邦子さんがCMもしてたし。

関西限定メニュー??

いずれにせよ、一つの企業が50年も続くって実はすごいこと。
7%くらいらしいぞ。
1つの会社が50年続く確立は。

マクドナルド記念店舗の駐車場からの景色。
c0123806_11414096.jpg

うーむ、空が蒼い。

ちなみに駐車場は有料よ。
(10ドル以上買えば、1時間無料)

ほんだらの。

↑ぽちっとね。
柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-18 11:43 | 海外

停電

シカゴは大雪、サンダーストーム、何でもない日とちょこちょこ停電する。

夕べ(今朝)、3時過ぎにも停電になった。

日本の停電と同様で、別にどこかに電話するわけではないんだけども、いざという時、どこに、どーいうふうに電話したらいいか分からんって不安よね。


停電というと、昔見た『8時だよ!全員集合!』を思い出す。
c0123806_4425987.jpg
この番組は毎回、どこかの公会堂からの生中継。ある日いきなりテレビの画面が暗くなった。でも、長さんの声は聞こえるのである。会場のざわざわした様子も何となく伝わってくるのである。これ以前にも以後にも観たことのない不思議な光景だった。いかりや長介氏の自伝によると、これは何者かがいたずらで電源を落としたらしいのだが、懐中電灯を使って、顔芸のみで必死で場をつなごうとする長さんたちを子ども心にも覚えている。
ブーさんはいつも通りだったけども。

昔はよく停電があった。

僕が住んでいたのが四国の山奥だったからだろうか。晩御飯を食べている最中に真っ暗になったりすると、心得たもので、壁伝いに玄関に行って懐中電灯を取り出すのであった。懐中電灯が見つかりにくいときは、親父のライターが活躍したりした。それからローソクを取り出して火をつける。ローソクの揺れる火の下で食べる夕食はいつもと少し違って、子ども心にはとても楽しいものだった。ホットプレートで焼き肉をしているときに停電すると、母親が「あらあら」とか何とか言いながら、台所に行って、フライパンで残りの肉を焼いていた。そうこうしているうちに、プツンプツンと家中の電灯やテレビがつき始めるのである。「今日のはちょっと長かったな」なんて。

どこかの地区でしばらく停電が続いたりして、それが数ヵ月後のちょっとしたベビーブームにつながったとニュースをたまに聞く。暗くなって、他に何もなかったら、やるのはそれだけかいっ!と突っ込みたくもなるが、人間らしくて微笑ましい気もする。

便利さにすっかり慣れてしまった昨今だが、なかったらないでいろいろ気づける事も多いはず。

誰か覚えているだろうか。コンピューターの2000年問題。
結局、あれも大した事は起こらなかったが、無責任に言わせてもらうと、ちょっとくらい不便になるようなことが起こってもよかったのではないか、と思っている。あぁ、でも今の日本は闇になったら犯罪が多発するか…。

なんでも経験だと思っている。それも若ければ若いうちにできることはしておいた方がいい。

個人的には、小学生の頃に車椅子で過ごさないといけない日や目隠しをして過ごす日などを設けたらどうかと思っている。くだらない親がうるさく反対するだろうけど。

大人にだっていろいろ考えさす日を作ったらいい。

医者や公共機関以外では電気が使えない日、少なくともテレビを流さない日くらいはできるような気がする。国民に処刑されたルーマニアのチャウシェスクは国民の使う電気の供給量・供給時間を決めて、数年で国家予算を黒字にしたっけ。独裁者でも出ないと無理か。

ちょっくら便利さを捨ててみたら、見えるものがあるのでは?

ほんだらの。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-16 04:47 | 子育て


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧