日の本にて…  ハロー、シカゴ



<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


子どもの風邪

旅行から帰ってくるとシカゴもすっかり春。

ついに半年以上、付けっ放しだったセントラルヒーティングも停めた。
(付けっ放しは大家さんの指示。下手に停めるとあまりの寒さで故障する。)

ところが、また寒くなった。
c0123806_9010100.jpg

今日は雪みたいな冷たい霙。

実は、子どもが数日前から風邪をこじらせている。

熱が38度くらいまではいつもと同じで飛び跳ねるのだが、

夜になって40度前後になるとぐったり。

僕の膝やお腹の上で動かなくなる。

「きつい?」 「きつい」

「熱い?」 「あつい」

「大丈夫?」 「だいじょうぶ」

こんなやりとりを夜中中、何度も繰り返す。


流石に、奥さんが今日、病院に連れてった。

シカゴ郊外、日本人医師がやってる病院は2つ。

実は、どちらも評判はあまりよろしくない。

英語ができない人は選択肢がなく行くって感じで。

こういうとき、親の勝手で来てもらってる家族に対して、本当に申し訳なく思う。

日本にいたら、こんな思いさせなくて済んだのに。

代われるものなら代わってやりたい。


扁桃腺が腫れ上がってるんですと。
c0123806_904121.jpg
処方箋を書いてもらって、ウォルグリーンで薬をもらった。

ウォルグリーンってどう見てもコンビニ。

ローソンで薬をもらっている感じで今イチ、信用できない。

ちなみに、タイレノールは市販の熱さまし。

こちらの薬の中では比較的、効き目が弱いので併用しても大丈夫なんですって。

写真のはタイレノール子供用いちご味。

飲んでくれるのか…。

目やにまみれの目も、膿臭い息も、ゆるくなって汚れたおむつも全然平気。
早くよくなれ。

白鳥なぐったり、花を切り刻んでいる奴、こんな気持ち、わかるまい。


ほんだらの。

↑おかげさまで、60位前後まで復帰できました。ありがとうございます。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-29 09:05 | 子育て

ディズニーワールド 5日目

フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドへ、4泊5日で行ってきました。
本日が最終日。

5日間全ての報告はその後、何度かの推敲、写真の追加などを行っています。
よかったら、読み直してみてください。
最初よりは分かりやすくなっているはず?

※ダークサイドな裏話はメルマガで。
  →http://www.melma.com/backnumber_102854_4074184/

4月22日(火) 晴

最終日は行けなかったところに行こう、と無謀な計画を立ててましたが…。
起きたのは9時過ぎ。
空港行きのバスは11:45なので、今日はチェックアウトまでのんびりしようということに。

オールスター・ホテルにはフードコートがありまして、夜の12時までやってます。
c0123806_23375952.jpg

基本的に朝食は毎日こんなの食べてました。
c0123806_1225148.jpg

朝食メニューはワッフル、パンケーキ、クロワッサンサンドなど。

軽いものでという方は、セット以外に、ベーグルや食パンだけでも買えます。
(アメリカには普通、食パンは売ってないのでかなり珍しい。)

ちなみに写真のマグ(スーベニア・カップ、15ドル)、一度購入すれば、滞在中は何度でもドリンクバーを利用できます。

スーベニアカップといえば、東京Dのポップコーンを思い出しますね。
勿論、ワールドにもいっぱいポップコーン屋はあります。
c0123806_12445180.jpg

でも、東京みたいにいろんな味があるわけはありません。
スーベニアカップ・システム(一度買ったカップに次から中身だけ入れてもらうもの)は無かったと思います。

ワールドの売店、行列ができている店はそこの商品が人気があるというより、単に、仕事が遅いだけの場合が圧倒的。
ただ飲み物がほしいだけの時とか、「ダメだこりゃ」と思ったら、他の店を探したほうが早いです。

自動販売機はまず、ないです。
(これはワールド内だけでなく、アメリカ中どこでも。自販機は基本、屋内のみ。)

フードコート、夜は夜用メニューに変わります。
c0123806_12121839.jpg

でも、基本はファーストフード系。
昼・夜ともにこんなのばかり食べてました。

子どもの健康には(勿論、大人にも)よくないですよねー。

僕らはある程度、慣れてますが、日本から直接来られる方の中には、耐えられない人もいるかも。
エプコットの日本館でカップラーメン類、買えますよ。
(日本からの持込は避けましょう。没収されますよ。)
(カップラーメンも健康にはよろしくないでしょうけど。)

フードコートでは、お湯だけも取れますし。

但し、本当はフードコートは持込禁止なんで、常識の範囲内で行動してくださいね。

フードコートで見かけたある日本人の親子。
小1くらいの男の子がやんちゃしてたら、お母さんがいきなりその子の被っていた帽子を遠くに投げ捨てて、「そんなんするんやったら、帽子なんか要らんね!」と大声で怒鳴ってました。
周りのアメリカ人、引いてましたねー。
アメリカ人を引かすって、いったい…。

オールスターの各部屋には湯沸し機能などないのでご注意を。
c0123806_12215770.jpg

ちなみにアメリカの大抵のホテルには歯ブラシはないはずです。
せいぜい、マウスウォッシュくらい。
歯磨き粉、歯ブラシは売ってるだけ。

僕らが泊まった部屋には、タオルとドライヤー、シャンプーと石鹸(ミッキーマークの)がありました。

初日に書いたとおり、宿泊が最もリーズナブルなオールスターホテル。
スポーツ、ミュージック、ムービーの3種類があり、それぞれが特長あるオブジェ、デコレーションを持っています。

さらにムービーの中でも、マイティダック棟、101ダルメシアン棟、トイ・ストーリー棟があります。
これはダルメシアン(101匹わんちゃん)棟。
c0123806_12274165.jpg

写真では分かりにくいでしょうが、オブジェは巨大ですよ。
c0123806_1229898.jpg

立ち姿のバスは3階建てのホテルよりでかい。
ガンダム(18メートル)ほどはなくても、バトロイド・バルキリー(12メートル)くらいはありそー。

また、部屋からすぐにプールに行けます。
c0123806_12311688.jpg

いろんな体型の人(といっても雑誌プレイボーイに出てるような人は絶対いません)が、堂々と水着になるのはアメリカならでは?

ちなみにプールも夜12時までやってます。
流石に泳ぐにはちょっと寒いのですが、深夜でもアメリカ人は泳ぎます。


部屋に何もない(ドリンクなど)ということで、なんとチェックアウトの手続きなし!
カードキー&入場パスはお持ち帰り可能です。

ホテルで帰りのフライトのチェックインができます。
アメリカ国内線の場合のみ、荷物もホテルで預けられます。
しばしば荷物が紛失するらしいので、迷いましたが、行きの失敗があるので(メルマガ参照)、今回は預けてみました。

帰りのバス。
c0123806_1254492.jpg

モニターから、ミッキーたちの最後の挨拶。
ディズニークルーズも楽しいよ、とはたして最後まで気を抜かせません。大阪人もびっくり。

荷物も無事、一緒に帰ってきました。
次に行く機会はあるのか…?


以上で5日間に及ぶ報告を終わります。
全部、読んでくださった方、ありがとうございました。

では、また次回。

↑次回からは通常のブログにもどります。応援、よろしくお願いします。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-27 13:08 | 海外

ディズニーワールド 4日目

フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドへ、4泊5日で行ってきました。

滞在日記を日毎に紹介してみます。
これから行く、行ってみたいという方の参考になれば嬉しいです。
※子どもが幼いため、過激なアトラクションは体験していません。ごめんなさい。
※ダークサイドな裏話はメルマガで。
  →http://www.melma.com/backnumber_102854_4074184/

4月21日(月) 晴

今日はのんびり起きて11時にバス乗り場へ。ハリウッドスタジオを目指します。

んが、待てども待てどもバスが来ない。
40分経ってやっと来たバスは既に満席。ちょっとしか乗れません。
その間、マジックキングダム行きのバスはどんどんやってきて、中には誰も乗らずに出発することもあります。
流石のアメリカ人も「クレイジー!」と言い捨てておりました。
もともと少ないのか、何かのトラブルなのか…。
結局、1時間ちょい待ち。今回の旅で一番待たされました。

やっとハリウッドスタジオ。
c0123806_10194167.jpg
最近、MGMスタジオから名前が変わったそうです。






ミッキーの塔の向こう、ハリウッド・ブルーバードを通り抜けたところに、でっかい帽子が見えます。
c0123806_1020932.jpg

映画「ファンタジア」の「魔法使いの弟子」でミッキーが被っていたものですね。
ファンタジアはリバイバルで映画館で何回か観たなぁ。名作。
これ。
c0123806_1047614.jpg

左に曲がると、インディ・ジョーンズのショー会場があるのでファストパスで予約。

その奥に進むと、電波少年で有名になった?あの曲が聴こえてきます。
c0123806_10262647.jpg

スター・ツアーズ。
でも、102センチ以下の人は乗れないので、今回はお預け。

その前で、ジェダイ・マスターになるための講習が受けられるんです!
c0123806_10255579.jpg

ベイダー卿、直々にライトセーバーの使い方をご教授いただけます。
驚愕なのは、ダースベイダーの声、本物です!
「アイム・ユア・ファーザー」って言って!!
講習が終わると、「お前もフォースのダークサイドに入れ」と誘われますよ。

隣のショップ、タトゥーイン・トレーダーズ。
c0123806_10314358.jpg

アナキンとルークが育った砂の惑星タトゥーインがモデル。

フォース・アカデミーのキャップを買ってしまいました。
いい歳して、欲しかった訳じゃないんです。
日差しがきつかっただけなんです。

さらにその奥に、バズ&ウディのグリーティング会場があります。
c0123806_1034761.jpg

これはグリーン・アーミー・メン。
c0123806_10361726.jpg
キャラクターたちは定期的に休憩を取られます。
自分の番が来たのに、「ちょっと待ってて」ということもしばしば。

子どもたちには言えませんが、内臓を入れ替えているのだと思われます。
まぁ、暑いし、中は恐ろしいことになっているんでしょう。

ここ場所には、この5月からトイ・ストーリーのアトラクションができるらしいです。


飛行機の中で子どもを静かにさせるために、ミツワの本屋で日本製のトイ・ストーリーの絵本を買って持ってきたのですが、奥さんが「これにサインしてもらおうよ」と思いつきました。
ウディのサイン。
c0123806_10404165.jpg

手書きで書いてくれます。
ウディもバズもやたら喜んでくれました。

こちらはバズ。
c0123806_10415976.jpg

彼は腕がよく動かないので、スタンプです。
インクなので既に消えてしまいました。(右膝のがそうです。汚れではない。)

近くには、トイ・ストーリーにも登場するピザ・プラネットもあります。
意外だけど美味い!!!

そうこうしているうちに時間。
いよいよインディ・ジョーンズ・スタント・スペクタキュラーが開演です。
c0123806_10444669.jpg

映画の名場面を再現しながら、舞台裏も見せてくれる優れもの。
場面転換は圧巻です。

ショー関係では一番おもしろかった。
まぁ、この映画が好きなので贔屓してますけど。

30分のショーが終わったのが2時半。
3時のパレードまで少し。

これまでの反省から、きちんと場所取りをしようとなりました。
パレードのコースを調べて、ゴールデンエージ・ショップの前辺りに確保!
この際、日差しが強いのは我慢するしかないっ。

ところが、3時直前になって僕らが陣取ったところから数メートル中央よりのところに人垣ができ始めました。
う?
「ここ、パレードの通り道ですよね?」
隣のアメリカ人にも確認。「そうだと思うんだけど…」彼も戸惑っている感じ。
よく見ると、新しくでき始めた人垣の足元には、仕切るようにテープが貼ってます。
係員もテープに沿って並ぶように言ってます。

なんと、「ディズニー・スター&モーターカー」はパレードではなかった!?

5台ほどの山車(?)がパーク内に入場してくると、定位置から動かなくなりました。
その場でキャラクターたちのダンスが始まったんです。
c0123806_1155134.jpg

1台目の山車が僕らの数メートル先、新しくできた人垣の前で停止してました。
これに乗っているのはグリーン・アーミー・メン。
2台目はさら向こう。それにウディが乗ってます。中途半端…。
その向こうは全く見えません。

何のための陣取り?

ただ、ダンスが終わり、退場するときには、例の後からできた人垣は追い払われ?
全ての山車が僕らの目の前を通過していきました。

またまた、絵本が大活躍。
かざしていると、ウディもバズも目ざとく見つけてくれましたねー。指差してくれたりして。
どっこから見えてるんだろ?
(内臓は先程とは違うはずです。)

中程の山車にモンスターズ・インク、後ろにはバグズ・ライフのキャラクターたちが乗ってました。お目当てのキャラによって陣取るところを考えないといけないみたいですね。

後は気が抜けたので、プラプラしてました。
c0123806_1110371.jpg
ゲキブルーがいましたぜ。

こちらのターボレンジャー・シリーズは、ディズニーチャンネルで放送しているのでその所為でしょう。
この辺りはスタント・ショーをやっているんですが、人はとっても少なかったです。

リトル・マーメイドの旅は子どもが爆酔しました。
波の音が心地よかったのかも。
無事、人間になれたアリエルのスカートの中が見えそうで気が気でありませんでした。
全国のお父さん、最前列確保には入場前の待合室で左の列に並びましょう!?

c0123806_1118378.jpg

トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー。
絶叫ライドなので今回は無視。

その周りは飲食店がひしめき合ってます。
c0123806_1119978.jpg
奥さんの大のお気に入りとなったターキー・レッグ。
肉食?

このハリウッド・スタジオはビールも販売してますし、喫煙所も他のパークよりは多い気がしました。ディズニー・シーのように対象年齢が高めなのかも。

夜8:30と10:00からの2回だけ、ファンタズミックというファンタジアみたいな人気のショーがあるはずですが、家族全員、お疲れ気味なので帰りました。ちょっと残念ですが。

では、また明日。

↑ご贔屓に。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-26 11:39 | 海外

ディズニーワールド 3日目

フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドへ、4泊5日で行ってきました。

滞在日記を日毎に紹介してみます。
これから行く、行ってみたいという方の参考になれば嬉しいです。
※子どもが幼いため、過激なアトラクションは体験していません。ごめんなさい。
※ダークサイドな裏話はメルマガで。
  →http://www.melma.com/backnumber_102854/

4月20日(日) 曇のち晴

今日はマジックキングダム!!!
c0123806_9323874.jpg

最も東京ディズニーランドに似てます。
ここは屋内アトラクションが多いので、天気予報で雨となっていた今日に予定を入れました。

11時近くにパークへ。
入口を入って右のトゥモローランド(エリア)で早速、スペースレンジャー・スピンをファスト・パスで予約しました。
今回の旅行記でもやたらトイ・ストーリーが登場するのは子どもが大ファンなんです。
予約した時間まで1時間ほどの空き。
そしたら、すぐ近くでバズがグリーティングしてるじゃないですか!?
c0123806_12551164.jpg

バズに大興奮の子ども。
でも、順番が来ると「もう、いいの」と後ずさり。
もしかして、遠くから見るのがスキ?

まだ時間があったので、ほとんど誰も並んでいない、トランジット・オーソリティーに。
トゥモローランドを一周する未来型の電車。

そして、いよいよバズのスペースレンジャー・スピンへ。
入口では、またまたバズがお出迎え。
c0123806_9461528.jpg

単純に言うと射撃ゲームですな。
東京Dで乗ったときには操作が分からず、1,200点しか取れなかった僕にとってはリベンジの意味もありました。
11,800点、取ってやった。

その後、シンデレラ城を左に見ながら歩くとミッキーのトゥータウン・フェアがあります。
ここではディズニーのキャラクターたちに会えるのですが、今回は無視。

入口からお城を挟んだ反対側、ファンタジーランドに出ました。
ここでは空飛ぶダンボに。
これが失敗。
c0123806_9535679.jpg

待ち時間が分からないので並んだところ、雨どころかカンカン照りの中、50分以上待たされることに。今回の最長記録。
50分待ち、本番3分。
うーむ…。

さらにショックが。
今日の一番のお目当てであるミッキーのフィルハーマジックが故障?
「いつ直りそう?」と係員に聞くと、「わからないの。私も早く直ることを私も祈るわ」だと。
祈らんと努力せい!
とりあえず、ファスト・パスだけ取りました。

すっかり疲れ果てたので、のんびりしたものに乗ろうということで
c0123806_9562143.jpg

リバティースクエアのリバーボートへ。
蒸気船でアメリカ河を一周します。

全てのライド、アトラクションの中でこれが一番好きかなぁ。
のんびりしてるでしょ?風が気持ちいぃー!
c0123806_9592630.jpg

一方、岸は3時のパレードの影響でこの有様。
げろ~ん。
c0123806_100866.jpg


下船したら隣のホーンテッドマンションへ。
30分待ち。

次は、ビッグサンダーマウンテン(今回は乗らず)の方へ歩き、そこでマジックキングダム全体を大きく一周するワールド鉄道。
全部で3つの駅があります。(写真は入場口の駅)
c0123806_1061514.jpg

これは先程乗った蒸気船から見えた景色のさらに奥が見られたりします。

この辺を歩いていると、全身濡れネズミになったような人を見かけます。
(いや別に、ミッキーだからという訳ではなく。)
スプラッシュマウンテンでしょう。
濡れそうでギリギリ濡れない瀬戸際を楽しむ日本人に対して、いかにずぶ濡れになるかを楽しむアメリカ人。お国柄がでますな。
まぁ、すぐ乾くし。

アドベンチャーランドではカリブの海賊に。30分待ち。
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のヒットのためか、東京Dで見たのと違って、ジャック・スパロウが出演してました?

さらに隣のジャングルクルーズ。30分待ち。
c0123806_10243125.jpg

20人ほど乗れるボートでジャングルを探検します。

ここで、再度、ミッキーのフィルハーマジックへ。
なんと、僕らが到着したときにちょうど再開!!
ファスト・パスは当然、切れてましたが、20分ほどで入れました。
c0123806_1027664.jpg

3Dの立体映像を楽しみました。

9時です。
c0123806_1031323.jpg

すっかり暗くなった頃、始まったのはスペクトロマジック。これは週末・ホリデーシーズンしかやってないそうです。

ミッキー。ぼけてますが。
c0123806_10315631.jpg

パレードを見たのはシンデレラ城のすぐお膝元。
ん?
パレードが終わると周りの人たちが皆、座りだしました。
というか、寝転がりだしました。

動けぬ。動けぬのだ。

なんとそのまま10時のウィッシュ(花火)が始まりました。これも平日はなし。
c0123806_10333541.jpg

シンデレラ城に近すぎたため、見えるのは城背面の光ばかり…。
よほど高く打ち上げてられた花火がたまぁに見えましたけど。
ほんとに「たまや~」。

シンデレラ場の前にウォルト・ディズニー&ミッキーの像があります。
それよりも入口よりのところに陣取ってパレードを見ると、そのまま花火も楽しめると思いますよ。

また、日曜に関わらず、マジックキンダムに来たのは雨予報だったためです。大はずれでしたが。
ビッグサンダーマウンテンやスプラッシュマウンテンなど人気ライドがあるだけでなく、小さな子どもも楽しめるものもたくさんのマジックキンダム。
東京Dはここを基本にして、さらに各テーマパークの人気アトラクションを集めて作った気がします。
(だからライド、アトラクションの平均点は東京Dが上。)

とにかく、僕らは一番混むところに一番混む日に来たようです。

どーせ何日間か滞在するなら、ここに来るのは土日を避けたほうがいいかもしれません。
(平日に来たことがないので比べられませんけども。)
もしくは、昼に来る日と夜のイベントを見に来る日を分けるとか。

では、また明日。

↑ぽちっとな。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-25 10:50 | 海外

ディズニーワールド 2日目

フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドへ、4泊5日で行ってきました。

滞在日記を日毎に紹介してみます。
これから行く、行ってみたいという方の参考になれば嬉しいです。
※子どもが幼いため、過激なアトラクションは体験していません。ごめんなさい。
※ダークサイドな裏話はメルマガで。
  →http://www.melma.com/backnumber_102854/

4月19日(土) 晴

昨夜の疲労もそのまま、でも、早起き。
なぜならば、今日はアニマルキングダムに行かねばならないから。
(なぜ「~せなばならない」かは不明。)

朝食も取らず、9時には到着。
c0123806_8524080.jpg

昨日、書き忘れましたが、ルームキーが全ての施設へのパスポートとなります。
c0123806_854292.jpg
ホテルのチェックインの際、部屋の鍵だけでなく、パスポートして使えるかどうかを、くどいくらいに確認しました。
アメリカではしつこいほどの確認が当然。それでも裏切られることが多いのですが。
テーマパークの入り口で指紋を登録・確認します。
最初に登録した指でないと次からは認証されないので、普通に右の人差し指で行うのが無難です。うかつに親指なんかを登録すると、どの指だったか忘れたりして大変かも。

アニマルキングダムのメインは、キリマンジャロ・サファリ。
車から本物の動物たちの生活を見れること。こんな車で周ります。
c0123806_904266.jpg

動物が動いているのは午前中だけらしいし、アメリカ人の多くが活動するのは午後からなので、午前中に行ってしまえ!ってな訳です。
c0123806_91264.jpg

日本のアフリカンサファリよりは間近で見られた気がします。

ただ、確かに活動はしてるんですが…。

飯、食ってるだけでほとんど動いてない!
(ライオンはお約束通り、寝てました。)

次は、フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング。
ほぼ1時間ごとに講演があります。

11:30の開演に11:00に並びました。
c0123806_9104065.jpg

これでも、いざ会場に入るとまだまだ席には余裕が。
僕らは入口を入って正面の通路側の席を確保。
真ん中がステージ。(写真奥が入口)
c0123806_913256.jpg

その周り、4つあるブロックの最前列は車椅子の方用なので、結果としてこれがいい席になりました。
シンバ(ハリボテですが)が隣に来たし、出演者は全員、近くを通っていったので。

が、講演が始まってしばらくすると大誤算!

我が子、動物メークしたダンサー達が怖いと泣き出した!!
ノリのいい曲はまだしも、バラードでは隣のアメリカ人から睨まれました。
アメリカ人がこんな顔するのは珍しい。ごめん。
入り口はステージを挟んだ反対側だし、出るに出られんのだよー。

お菓子でなだめてすかして、何とか30分のショー後半はおとなしくしてもらいました…。

劇団四季のライオン・キングは知りませんが、ここのは小規模ながら、それにも劣らないのではないでしょうか?
(気が気ではない状態で観たので、説得力なし。)

その後、すぐ隣でミッキー&ミニーとのグリーティングコーナーがあり、しかも20分待ちだったので、並んでみました。
東京Dでは1時間以上並んだ記憶があります。

でも、子どもの機嫌、直らず。
僕の機嫌も直らず。
疲れたときこそ、その人の真価が問われますな。

アニマルキングダムのお目当てはこの2つだけだったので、一旦、ホテルへ。

プールでのんびりしようかと提案するも、遊ばないという子ども。
いい加減、腹を立てた僕、ふて寝。
子ども、隣で昼寝。
奥さん、うたた寝。

結局、2時間以上、寝入ってしまいました。

体力が少し復活して機嫌も直ったので、全く行く予定のなかったダウンタウン・ディズニーで夕食をとることにしました。
c0123806_925125.jpg

ダウンタウンはテーマパークではないので、入場パスは必要ありません。
逆に、入場パスがないということは、アミューズメントに入るには普通にお金を払うということ。

(テーマパークは入場パスを購入しているため、全てのライド・アトラクションでお金を再度、払う必要はないのです。)

池沿いに、いろいろなショップ、レストラン、アミューズメント、バーが並びます。
c0123806_9271827.jpg

これは、ワンス・アポン・ア・トイ。
おもちゃやさん。

子どもはバズに惹かれて行きました。

中には新旧の玩具が売られている他、Mrポテト・ヘッド(写真左のおじさん)やライトセイバーがカスタム・メイドできます。

レゴ・ショップ。
周囲にはレゴで作ったでっかいオブジェが。
c0123806_9354910.jpg


この隣には、マクドもあります。
さすがにマクドは辞めようということに。(子どもは喜ぶでしょうが。)

なので、店探し。
ダウンタウンにあるレストランはカジュアルお断りの店もあるらしく、また、予約してないとダメかなーと思いつつ…。

池に浮かんだ客船がそのままレストランになっているフルトンズ・クラブハウス(池の写真、奥の船)は、僕の得意の「シェフのお勧め」は50ドル以上もするので却下。

隣のイタリアン、ポートベロ・ヨットクラブへ。

10分くらいの待ちで入れました。
c0123806_9351937.jpg

ボンゴレとシーザーサラダ、エビとトマトの何とか。子どもにはミートソース。
子どもはぱくついてました。
例の如く、味はともかく、サービスは満点。

では、また明日。

↑一押しが明日の活力。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-24 10:01 | 海外

ディズニーワールド 1日目

フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドへ、4泊5日で行ってきました。
会社の同僚に「ディズニー・ランドに行ってくる」と言ったところ、「チッ、チッ、チッ、ランドじゃなくてワールド。規模が違うよ」と言われました。


滞在日記を日毎に紹介してみます。
これから行く、行ってみたいという方の参考になれば嬉しいです。
※子どもが幼いため、過激なアトラクションは体験していません。ごめんなさい。

4月18日(金) 晴

2時頃、オーランド空港へ到着。
イリノイからフロリダ、時差は1時間。シカゴの朝はまだまだ寒かったものの、流石、フロリダ、ちょっと暑い。
c0123806_1335489.jpg

モノレールでターミナルBの直行バス、マジカル・エクスプレス乗り場へ。
c0123806_13361110.jpg

これがマジカル・エクスプレスのバス。
窓までラッピングされている所為で、外の景色はよく見えない…。
c0123806_13365057.jpg

バスの中ではモニターからワールドの様々なアトラクションの紹介が。気分を盛り上げてくれます。

ホテルに到着。
チェックインにけっこう、時間がかかりました。
受付担当が少ない気が。客が殺到しても対処しないのがアメリカ流。
c0123806_13375128.jpg

直営ホテルはピンからキリまで。僕らが宿泊するのは勿論、キリの方。

その中でもオールスター・スポーツ、ミュージック、ムービーの3種類の内、一番新しいムービー(トイ・ストーリー棟)を予約してました。
c0123806_13381841.jpg

オールスター・ムービー・ホテルの室内。
部屋ではミッキーがお出迎え?
c0123806_13383282.jpg

ホテル周辺の紹介はまた後日、詳しく行います。

ご存知の方も多いでしょうが、ディズニー・ワールドは大きく4つのエリアに分かれています。
大雑把に言うと、東京ディズニーランドが4つ集まって連携し合っていると考えてください。
さらに、他にも2つの大プールエリア、買い物が楽しめるダウン・タウンがあります。
ホテルからは各エリアへの無料送迎バスが5~20分おきに出てます。
c0123806_13395935.jpg

(このバスがまた、しばしばアメリカ流なんですが、それもまた後日。)

エプコットは博物館色が強いエリア。
ホテルに着いたのが夕方なので、本日はこのエプコットへ。
c0123806_13393570.jpg


リビング・シーではニモのいる立体水族館へ。
まぁ、でも水族館としての規模は…。
でも、マナティがいたっ!!

リビング・ランドは、アメリカの農業の歴史を巡りました。

大きな池の周囲、約3キロに渡って、ワールド・ショー・ケースが並びます。
c0123806_13415585.jpg

まるで縁日状態。これでも夜の7時過ぎ!
c0123806_13422855.jpg

やっぱり日本館に寄ってしまいました。
c0123806_1343964.jpg

のぼりで「こんにちは」って!?
c0123806_13433611.jpg

この辺りで一気に日が落ちました。
日本館の日本料理はかなりマシならしいのですが、予約でいっぱいでした。
基本的に、きちんとしたレストランは予約が必要みたいです。

9時の花火。
c0123806_1344557.jpg

前列が確保できなかったので残念ですが、かなり幻想的でした。
いい場所は早めに確保なんでしょう。
c0123806_13443080.jpg

メキシコ館はドナルドが案内。
ノルウェー館はバイキングの歴史。
どんなだったか、どちらも既にほとんど覚えてません。

この段階で10時を超えていたのですが、エキストラ・パスをもらっていたので大丈夫。

このエキストラ・パス(手首に巻くストラップ状のパス)、直営ホテルの宿泊客だけがもらえる、一般のお客さんが帰った後もパーク内に残って遊べるという優れもの。
但し、いつどこで配布が始まるか分からないので、見つけたら即ゲットしてください。
巻いてる人を見かけたら、「どこでもらったの?」と聞くのも有効。実際、よく聞かれました。
勿論、係員も教えてくれます。

本日の最後として、スペースシップ・アースへ。

人類の進化を記録術(言葉・文字)という切り口で見つめたもの。
なんと、ガイダンスで日本語が選べます。
当然、この日、一番よく理解できたアトラクションでした。
最後のちょっとした仕掛けが楽しいですよ!
僕が行った中では、エプコットではこれが一押し。

エプコットでは長くても15分くらいしか並びませんでした。
代わりに、初日からむちゃくちゃ歩く羽目になりました。
スニーカーかサンダル、お子さんが小さい場合、バギーが必須です。

ホテルに着いたのは12時頃。
テレビでもほとんどのチャンネルがディズニー系でした。
ちなみにテレビ・ジャパン・チャンネルあり。

唐沢さん(ウディの声!)のお勧め通り、サロンパスを足の裏に貼って死んだように就寝。
c0123806_13455618.jpg


では、また明日。

↑久々にランキングを見たら、びっくり。がんばって更新しますので、応援の一押しを。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-23 14:00 | 海外

DVDは目でみて…

シカゴ郊外には、周辺に住む日本人向けのレンタルDVD&ビデオ屋が数店、ある。

おもしろいのは映画よりも最近のテレビ番組、ドラマだけでなくバラエティなどの方をたくさん取り揃えている点。購入もできる。

しかーし、ほとんどがコピー。

これはミツワ店内にあるJBC。
c0123806_11192279.jpg
一泊2ドル。一日延滞につき50セント。一週間だと3ドル。
(映画の値段なので、テレビ番組は少し安い。)

購入の場合、テレビは1枚5ドル。映画・アニメは1枚10ドル。

すぐ近くに古本屋・貸本屋を兼ねた本店?もある。

うちの奥さんが「やまとなでしこ」を探してたら、店主さんが「それは今ないけど、数日待ってくれたらコピーするよ」とのこと。

・・・いいのか?勝手に。

こっちはテンスケ店内のレンタルコーナー。
c0123806_1120562.jpg
一泊1ドル25セント。一日延滞につき50セント。

購入は、1枚5ドル。

映画のDVD購入ならテンスケの方がちょっとお得ですぜ、奥さん。

で、レンタルも面倒くさいので、大人買い。

「仮面ライダー電王」の全話&「劇場版・仮面ライダー電王・俺、参上!」
c0123806_11205432.jpg
包装からしてかなりちぃぷ。

せめて正規DVDのコピーかと思ったら、なんとテレビ放映時のものを録画してた!

時報こそないものの、地震速報や選挙速報が入る。

CMカットこそしているものの、「今週のスーパーヒーロータイム、キーワードは…どんどん応募してね」と逆に言うと、CM以外は全て当時のまま。

これはこれである意味、貴重かも。

品揃えが早い理由はDVD発売を待たなくていいからだったのね。
c0123806_112216100.jpg
東京ビデオというところから購入しているそうなのだが・・・

・・・いいのか?買っても。 


ちなみにハナさん役の白鳥さんのブログはこちら

→http://blog.livedoor.jp/rainbow_mickey/

ほんだらの。

↑今回のタイトル、元うたは「Kissは目にして」、ちょいくるしぃ。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-18 11:43 | 海外

風立ちぬ、今は…

週末はずいぶん寒かった。

今日はまた暖かくなったけど。

この分だとこの辺の桜の開花は今週末?
c0123806_8403345.jpg

近くのシャンバーグ図書館前の公園の桜(たぶん。咲くまでわからん)はこんな状態。

花見はできるのかな?

1.お酒は飲めるけど、むっちゃ人ごみ。時々、低モラル。
2.お酒は飲めないけど、人まばら、しばしば貸切。

どっちか選ぶなら絶対、2だな。
c0123806_8332825.jpg

イリノイ州(アメリカ全体?)は郊外屋外での飲酒は禁止。これも意外っちゃぁ意外。


風立ちぬ~、今川焼きぃ、たこ焼き、シュウマイは心の食べもの~
c0123806_834174.jpg
って、むかーしコロコロコミックで連載してた「ベンカー」が唄っとった。
(松田聖子さんの曲ね、念のため。)

酒はなくともたこ焼きはあるぞ。




おっちゃんのたこ焼きはプレーンでも美味いで。
c0123806_8345519.jpg
お好みで、ソースでも何でもつけとき。




ほんだらの。

↑50位がけっこう遠いです。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-15 08:41 | 海外

がんぐりごん!?

「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」も公開初日を迎えたようで。
c0123806_7175978.jpg
おめでと。

相変わらずのロケ・フリ三昧。

(日本の)朝のワイドショーが夜に観られるため、日本にいるときよりも芸能ネタに詳しい。

先日、「花まるマーケット」に高島兄さんが出演されていた。

彼がテレビに登場し始めた頃、「何か変?」と感じたのを覚えている。それを感じたのは私だけでないはず。そのためか、これという代表作が彼には未だない。

その意味では、高島弟さんはついていたかも。
弟さんのデビューの頃、「お兄さんは結構いい顔なのに…」という評価を誰しもが下したはずだが、兄さんの変さに中和されていた、ある意味慣れていた視聴者は弟さんに対して、「顔は兄より劣るが、兄よりも常識的・庶民的」というレッテルを貼ったような気がする。

別に私は高島兄・弟さんのファン・アンチのどちらでもない(だから名前をしっかり覚えてない)が、久々にテレビで観た兄さんは相変わらずだった。

でも、一つ感心したことがある。

彼は毎朝、トイレを丁寧に拭き掃除するのだと。



今日は土曜日だというのにいつも通りに目が覚めた。

生憎の雨、奥さんは体調悪し。

で、掃除することにした。

掃除機は当然で、家中を雑巾・スポンジで拭いてみた。
纏わりつく子どもを尻目に。父の背中を見て育つのだぞ。

トイレ。
c0123806_6504454.jpg
しょっちゅう、水が詰まるのでスッポンは不可欠(写真奥)。

特に、オムツの中で野球ボール大にこなれた子どものを流すとダメ。

高島兄さんが言う通りに、心を込めて磨いてみた。

台所。
c0123806_6431942.jpg
こちらのシンクは何故か2つに分かれている。左はディスポーザーといって生ごみを排水口にどんどん流していいことになっている。中でカッターがぐるんぐるん回るんですな。
ねっ、不衛生そうでしょ。なので、全く使用したことなし。

これだけシンクが広いのに、ディスの所為で使いにくいったらありゃしない。

食器洗浄器。
c0123806_7101762.jpg
私は使い方を知らないが、奥さんは時々、使ってるようだ。

日本人は家をきれいに使うと有名なので、「家を貸すなら日本人に」という大家さんも多いらしい。うちの大家さんもそう。ただ、「日本人に貸すと台所がとっても汚れる」とも。
どれだけ電子レンジやねん、アメリカ人。

とにかく、何でもオートメーションだ。


拭き掃除してみてつくづく実感、人間、這いつくばらんといけん。

目を床に近づけることで初めて気づく汚れも多い。
汚れの多くはさっと一拭きというわけにはいかないが、何回かゴシゴシと拭けば、大層な洗剤などなくても大抵はとれる。

先人がしばしば、心を磨くには身の回りを掃除せよ、と述べることがあるが、あれはきっと拭き掃除のことだな。
「立ったまま楽々」などでは、気づけないことも多いはずだ、きっと。


どちらも崩壊しているが、日本とアメリカの教育システムを比べた場合、明らかに日本のそれが優れていることがある。
それは掃除。

拭き掃除以前に、アメリカの子どもは掃除をしないのだ。
学校に「掃除の時間」が存在しないから。

掃除は学校が委託した業者がやるもの、生徒はそう思っている。実際、うかつに生徒が自分で掃除していると「俺の仕事をなくすつもりか」と業者から怒られることもあるんだと。
信じられないかもしれないが、家の手伝いでもしなければ、一度も掃除することなく大人になる子もいる。(一生涯、掃除しない人もいるだろう。)
自分の使う所くらい、自分できれいにしないかなぁ、普通?

ということを考えつつ掃除し、一段落がつく頃、我が家の姫がお目覚め。

開口一番、「首にがんぐりごんができたにー!」

がんぐりごん??

そのあまりにも唐突な、あまりにも魅惑の響きに疲れも吹き飛んだのであった。

トリトンの親戚? ゴー、ゴー、がんぐりごーん!
三つの僕(しもべ)?? がんぐりごんは海を行け!
グレンラガンの新作????

ほんだらの。

↑がんぐりごんの秘密はこちら!(すみません、嘘です。)
答えは…コメント欄を読んでください。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-13 07:30 | マンガ・アニメ

食うのをやめて

昼休みっ!

オフィスビル1階にあるカフェテリアの「今日のお勧め」。
c0123806_354492.jpg
いつもは奥さんが弁当を作ってくれるので、ここを利用することは滅多にない。
海よりふかーく感謝。

味はともかく(?)、量的に当たりはずれが多く、ラップサンドとポテトチップだけのときもある。

今日は当たりかな。6ドル22セント(税込)。

まぁ、美味しいわけではないので、そんなにたくさん食べられないんだけど。


こっちに来た当初、とっても意外だったのが、食事に対するアメリカ人の割り切り方。

朝食はシリアルが一般的だし、昼食も普段はかんたんなサンドイッチやピザですます。

きっちり休みを取って、しっかり食べるのではなく、自分のデスクでキーボードを叩きながら食べることも多い。

意外でない??

そこで時間を取るより、さっさと仕事を終わらせて、家に帰りたいんだと。
(私は食べながらこれを書いてます。)

その代わり、会食などは時間を十分に取って会話を楽しむメリハリは見事。

まぁ、仕事中でも四六時中、何か食べてるという意味ではメリハリがないんだけど。

何故、会議中にリンゴを剥く? クルミを割る?

食うのをやめて~、アメリカ人をとめて~

ほんだらの。

↑応援、ありがとうございます。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-11 04:04 | 海外


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧