日の本にて…  ハロー、シカゴ



<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


日の本へ… その248「旅立ち」


 あの時のときめきを確かに思い出せるけど
 もう二度と感じることはできない
 君は少年
 胸の中は新しい夢が広がる
 初めて知る戸惑いさえ恐れず
 君は素敵
          「君はすてき」より 

  日の本へ… その248「旅立ち」

 ことんと眠りに落ちてしまう昼寝のときと違って、我が息子は夜寝るときは必ず母の添い寝を求める我が息子が、珍しく、僕のそばから離れないまま眠った。流石に何かいつもと違う気配を感じたか?賢いな、我が息子よ。
 彼のここ数日の成長は目まぐるしく、2歳になる前後から、一日数単語、数フレーズずつ話せる言葉を増やしている。行動力も行動範囲も著しく増大し、それにいちいち付き合うのもものすごく大変である。100が言えたり、数を逆唱したりするところまでは予想範囲内だったが、国旗を見て国名を言えるようにまでなっているとは、正直驚いた。母親は偉い。彼の毎日はきらきら輝いているのだろう。
 かなり羨ましい。毎日が冒険だった少年の日々、毎日が何かにぶつかっていきたかった青春の日々、ああした日々を今から経験できる息子を僕は心底、羨ましいと思ってしまう。あの頃の僕はどんなことを考えていたのだろう。思い出すことはできても、同じ気持ちになれるかどうかって難しい。そういえば、幼児から小学生の頃、目を開けていても自分がどこにいるか分からない、目の前の風景や時間がグニャグニャに溶けていくような感覚をよく持ったものだが、そんな感覚・不安は全くない。心と身体の成長バランスが不一致なときに感じるものだったのか?と思ったりもする。
 中学時代で言えば中2、高校で言えば高1のクラスが一番楽しいクラスだった。最も楽しいと覚えているようなクラスだったから体育祭やクラスマッチに強かったわけで、クラスマッチに強かったから覚えているわけではない、ということに最近気づいた。団結力が違うのだ。教師をしている友人が言っていたが、どんな奴がクラスのリーダー格になるかで全く違ってくるらしい。リーダーの頭が悪いとクラスは頭悪いし、性格悪いと最悪、特にずる賢いのは手に負えないのだそうだ。
 文化祭前夜がずっと続けばいい、こんなことを思ったことはないだろうか。前日が一番楽しい。始まれば必ず終わる。始まる寸前が一番楽しいのだ。終わる切なさを楽しめるのはもうちょっと大人になってからかな?ちなみにそんな思いを映画にしたのが、アニメ史上屈指の名作といわれる『うる星やつら2 ~ビューティフル・ドリーマー』である。終わらない文化祭前日。これは誰かの夢?「龍宮城から帰った浦島太郎は村の変わりように驚きました。しかし、龍宮城に行ったのが太郎だけでなく、村人全員だったらどうなっていたんですかね?」。


 本日、僕は日本を旅立つ。
 数ヶ月はアメリカで一人暮らし。息子ほどの柔軟性も、妻ほどの強さもなく、どうしようもない不安に耐えているのが今の正直な気持ちである。けど待てよ、この不安感って初めての転校前日の感覚に似てないか?あの頃の感覚を取り戻せるなら、不安なのも悪くないのではないかい。羨ましがっている場合ではないな。
 息子よ、父はまだまだ現役である。

 僕はもう追いかけはしない
 君の走る影の後
 人は誰も走りつづける
 ゴールはまだ見えない
 今日の先に何がある
 明日の先に何がある
 遥か彼方の光に向けて僕は今も走りつづける
             「ランナー」より

                2007年6月18日
                    柴 英斗
[PR]
by shibaei | 2007-06-20 05:15 | 海外

日の本へ…その246「アメリカ・非移民ビザ取得までの道」

 やっとビザが来た。長かった…。

 日の本へ…  その246「アメリカ・非移民ビザ取得までの道」

 今回の話はさっぱり分からんと言う方も多いと思いますが、ビザ取得ってそんなに簡単じゃないんだよということが少しでもご理解いただければ幸いです。

 07年6月現在、アメリカのビザ取得は手続きが非常に煩雑で、会社がバックアップしてくれても分かり難いことが多いのが事実。お役所的に書類が揃ったら「はい、入国してください」ではなく、自分の国(今回の場合はアメリカ)に入ってくる人間が入国するにふさわしいかどうかを定めているわけで、手続きが面倒だったり、担当の職員が横柄だったり、冷たかったりするのも仕方がないことらしい。特に、テロ事件以後は、申請のために大使館・領事館での面接が必須となっている。面接までの道のりが長く、また、面接で結構な数の人が申請却下となっている。一度、却下されると同じ種類のビザ申請が非常に困難になるので、できるだけ1回でパスしたいものであるが…。

 私36歳、勤務11年。妻一人、子一人。いろいろある非移民(永住を目的としない)ビザのうち、就労ビザの1種であるLビザを申請することになった。例えば、観光・短期はB、学生はF・M、同じ就労でも短期はH、企業内転勤はL、貿易や投資目的ならE、スポーツ・芸能関係はO・P、報道関係はⅠビザとなる。ビザによって有効期間や内容が異なる。Eビザは米国での投資が可能、H・Lでは不可である。アメリカで起業するぞという人はEビザを狙わないといろいろ制約が厳しくなるが、当然その申請基準の壁は厚く、高い。申請に数年!かかる人もざらではないそうである。
 2007年3月31日、北米の顧問弁護士からメールによる指示が出た。私と家族の情報はメールで、その他揃えられる資料を可能な限り早く揃えて送るように、とのこと。無論、全て英語。
 1.私・家族のフルネーム、出生地(戸籍に記載されている正確な出生地)、誕生日、住所
 2.私・家族のパスポートのIDナンバー、満了期限
 3.現部署に異動になった日
 4.私の履歴書。さらに現部署、及び入社してから今までの履歴と仕事内容。
 5.私・家族のパスポート(過去のものも)のコピー、ブランクも含む全ページ。
 6.私・家族のアメリカビザ(過去に取得していれば)のコピー
 7.大学の卒業証明書
 8.私・家族の出生証明書
 9.結婚証明書
 7の卒業証明書は、卒業した大学に問い合わせて取り寄せることができる。郵送なども可能なはずだが、私の場合は関西の大学だったので、直接、大学に取りに行った。弁護士の指示では、日本語でいいとのことだったが、英文を大学で発行してくれるなら、そちらの方が手間を省けるようだ。また、ついでに自分の専攻の英語の正確名を調べておくべき。私は文学部卒だが、Literature Department ではなく、School of Humanitiesだった。
 8と9は、日本の場合は「戸籍謄本」一枚で全て間に合う。
 弁護士から第2の指示
 1.2006年度の源泉徴収書…人事が作成。
 2.職歴証明書…自分で作成、人事部長のサインをもらう。
 弁護士から第3の指示
 1.会社の登記簿謄本
 2.会社の2006年度の監査報告書
 3.会社の組織図
 この件に関しては、こちらで準備しなくても北米で準備できる資料だったようだが、向こうでの連絡不足だったらしい。特に監査報告書については、4月現在で06年の決算は未だであり、日本の企業は3月締め、「年度」という捕らえ方の説明にかなり苦労した。05年度のもので可となる。こちらも人事に発行依頼。
 上記の資料・情報を北米の本社宛に送り終わったのが4月24日である。これらを北米で全て英訳し、移民局に提出、移民局がこれを受け取り、認可が下りないと次のステップに進めない。いろいろなサイトを調べる中で「認可が下りるまで1~3ヶ月ほどかかる」と聞いて焦ったが、「15日以内に認可する」との返事が移民局から弁護士宛にあり、実際に認可が出たのが5月21日。認可状を含む書類がまず北米の会社に送られ、それらを加工した上で、やっと私の元に届いた。それが6月4日。実に2ヶ月以上かかったことになる。

 ここから次のステップ。
 07年6月現在、アメリカのビザ申請には必ず領事館・大使館での面談が必要である(16歳以上)。Webサイト上にて面談を予約するのだが、私の場合、ここまでは北米の弁護士がやってくれた。ここでは都合上、私がやらなくてもよかったことも説明しておく。
 ◆書類DS-156~面談日の予約について
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-niv-walkin1.html
 上記、アメリカ大使館のHPよりアクセスし、DS-156をネット上で作成することでバーコード番号が確定します。この番号を元に申請料金100ドルを先払いしなければならない。DS-156は細かいことも書かねばならないが、渡航日などわかる範囲で大丈夫なようである。DS-156を入力するとバーコード番号が確定し、この番号を入力することで、面設日の予約画面に入れるようになる。話で聞いていたほど、予約がいっぱいではないので、ずっと先まで予約が取れないという自体にはならないはずである。面接日を予約すると、さらに「お客様番号」が確定し、この番号をもって面談日までに申請料をATMを通じて支払っておく。ここで注意したいのは、年齢に関係なくDS-156の作成・申請料は必要だが、面談自体は15歳以下は免除されるということ。
 ◆書類DS-157は自分で作成。
 面談の必要がある16歳以上の申請者のみ必要。これはサイトからプリントアウトする。中学以上の学歴が必要で、欄が小さいのと転校が多かったこともあり、私は学歴のみ別紙で作成した。
 ◆自分で用意した資料の確認。
 パスポート、写真をDS-156に貼り付け、ATMご利用明細書、DS-157、ゆうパック(ex-pack500)に自宅の宛先を書いたもの、など。ゆうパックは北米からの指示では一人1つだったが、実際は家族で1つでOKだった(後述)。
 ◆面談 当日
 朝8:30のアポで、8:15に領事館前に着いたところ、既に長蛇の列。面談は受付順なので、早めに終わらせたいなら、もう少し早めに行くべき。その場でそのまま並ばされ、1階玄関で3~5人ずつ中に呼び込まれていく。警備員の方が手馴れているようで大きな混雑はなかったが、雨の日は大変であろう。子連れの方もいたがこれも厳しい。私の子どもは妹に預かってもらっていたので少し楽だった。玄関を入ったところでは空港並の持ち物検査があり、携帯などの精密機器、飲食物はここに預ける。
 大阪領事館では、検査の後3階に上がる。3階には5つの窓口があり、E・Lビザと他のビザに分かれて並んでいた、というかばらけていた。というのも、E・Lビザ以外の申請者が圧倒的に多いので、私の行く先は少し空いたのだが、かなり横柄な職員が誘導していてルールがよく分からず、非常に非効率的に感じた。前後の人と自分の順番を確認しておくことをお勧めする。
 自分の順番が来たら、窓口(切符売り場?というより刑務所の面会室ようなガラス越し)で書類一式を提出。ここの職員は日本人である。ここで書類に不備があると追い返されるようで、この日も数人見かけた。私の場合、弁護士が家族の分にも分厚い会社関係の書類を用意してくれていたが、「1つでよい」と全てその場で返却された。また、3人分用意していたゆうパックも1人分で大丈夫とのこと。ルールがよく変更されることもあるし、書類が足りないよりも、多い方がずっとマシであろう。重かったけど。
 書類チェックが終わると、そのまま2階へ。ここが面談本番だ。同じようにガラス越しのブースがいくつか並んでいたが、この階の職員はアメリカ人である。フォーク形式で並ばされ空いたブースへ呼ばれる。ちょっと緊張したが、なんのことはなく日本語で「どんな仕事をしますか?」と聞かれた。日本語で返答したところ、全く理解していないようだった。「英語で説明した方がいいのか?」と悩んでいると、書類をパラパラと眺めた彼女は一言、「OK!」。拍子抜けだ。左右人差し指の指紋を登録して難なく終了。
 英語で受け答えしている申請者もいたのはいた。語学力に自信があるなら、それでいいだろうが、私のように不安な場合、下手に英語で答えていろいろ突っ込まれるよりも日本語で通した方がいいと個人的には思う。書類に書いてあることと違うことを言うのが一番怖い。書いてあることを自分の言葉で、且つ英語で言える自信がないとお勧めしない。こうして書くとLビザは非常に簡単に取れるみたいだが、決してなめていけないのだ。ビザは、ある目的を達成するために許可をもらうものであり、その目的を達成したらアメリカから出て行きますと宣言するものである。仕事が目的なのに、中途半端に「語学勉強とかもやるんだ」とか言うと面倒くさいことになりかねない。もしビザが降りなければ、自分だけでなく全ての人の労力や時間を無駄にしてしまう。変なプライドよりも確実さを取るべきでしょう!
 ここまで済めば、一週間以内に念願のビザが手元に届くはずである。私は木曜に面談して土曜日にはもう手にしていた。これがあるかないかで自由度が段違いなのだから、手続きは邪魔臭くても疎かにはできない。ブラジルなんて一日の滞在でもビザがいるんだとさ。

 私がビザを手にするまでに2ヶ月半。恐らく非常にスムーズに行ったケースであろう。会社のおかげある。今から申請する方に少しでも参考になれば幸いである。ならないか?

2007年6月11日
柴 英斗
[PR]
by shibaei | 2007-06-11 11:13 | 海外

日の本へ…   その245「ニュータイプ」

 オールドタイプがニュータイプを生み出す土壌になっているのではなくて!?

  日の本へ…   その245「ニュータイプ」

 何十回観たかわからない「劇場版 機動戦士ガンダム!)-めぐりあい宇宙」。先日、久しぶりに観て、鑑賞史上初めて泣いた。こんな気持ちになったことはなかった。年取ったのかなぁ。
 アムロとララァはお互いの全てを分かり合う。時間も空間も超越して。分かり合った刹那、アムロの刃でララァは命を落とす。直接触れ合うことなく、互いの過去も未来も分かり合うという人類史上、誰も経験したことのなかった無常の喜びを与えてくれた相手が突如いなくなる、しかも、それは自らの手で殺めてしまったからというアムロの哀しみとは如何ほどのものであろう。あまりにも業が深い。深すぎる。恐るべし、富野監督。
 ララァはこう言い残す。「あぁ、アムロ。時(とき)が見える…」。
 BGM「そして時が すこやかに あたためる愛~」
                    ビギニングby井上大輔

 人同士が理解し合うってのが難しい。特に今の自分にとっての壁は、はたして言葉だ。
 とかく日本人は英語に対して、センシティブというかナイーブというか、考えすぎの面がある。私だけ?とにかくコンプレックスを持っている。これが戦後のGHQの狙い通りなら、「あっぱれ、マッカーサーさん」ってなところだ。
 日本に上陸したアメリカ軍は、アメリカ市民に比べ日本人のあまりの識字率の高さに驚き、この国の国民に英語を話されると米国を脅かす存在になるかもしれないと懸念し、公教育において、故意に話せない英語教育を確立したとする説がある。確かに、日本の公教育だけで英語を話せるようになったという人に会ったことはなく、英語を操る人は皆、大なり小なりの努力を学校教育以外のところでしている。なぜ、「this is a pen.」から始まったのか。完全に英語に対する苦手意識を植えつけられている。この苦手意識は明らかに第二次世界大戦後に確立されたものであり、明治維新の頃の日本人はその語彙数は今に比べ遥に稚拙にも関わらず、英語で堂々と交渉している。江戸から明治へと時代を見つめた勝海舟、日米通行通商条約を撤廃した陸奥宗光、留学した伊藤博文、彼らだけでなく多くの日本人が諸外国に対して何の物怖じもしていない。

 本屋に行っても英語関連の書籍の如何に多いことか。そういうのに散々左右されるのが私のような小市民である。例えば、『「My name is …」という表現は「拙者、○○と申す」みたいな感じで文語である。普通は「!)’m …」だ』という風に解説している本がある。如何に日本の英語教育がおかしいかを端的に表すためだと思うが、私の知る限り、初対面で外国人は「My name is …」と普通に名乗る。英会話スクールでも指摘されたことはない。寧ろ、初対面にも関わらず、相手を呼び捨てで呼び、「!)’m …」と名乗る方が、「気をつけてね」と言われたくらいだ。
 結構、大切なことだと思うのだが、目にする外国人がスタンダードではないということだ。尚更、本やwebの情報が全てではないということだ。その書き手がどのような外国人とどのくらいの期間、どのような密度で接していたのかは分からない。
 日本人は外国人=アメリカ人と思ってしまう傾向があるが、例え、英語を話すとしてもその背景は様々である。たまたま知り合った外人が「can’t」を「カント」と発音する(英国人に多い)から同じように皆、話すかといえば違うのである。カントは一歩間違うと非常に卑猥な言葉である(外国の大人のビデオで時々聴けます)。また、同じアメリカでも地域によって文化はまるで違う。一昔前、多くの企業がアメリカ進出を賭け、西海岸に工場を設置し、「よし認められたぞ、次は中部だ、東海岸だ」と特攻して玉砕されたのも、ロスなどはアメリカ人から見ても全くの異文化だからである。アメリカ人が皆、陽気で気さくと思ったら大間違い。プレイガールやボンドガールばかりと思ったら大間違い。国民総メタボリック症候群の可能性だって否定できない。
 斯く言う私もまだまだ日本において英語を勉強しているだけで、周りに外国人が多い状況にはなったものの、異文化にどっぷり浸かっているわけではない。全てはこれからである。英語ができないという理由だけで、なめられたくはないんだよね、世界に。こう感じること自体、すでにコンプレックスか。

 ガンダムの世界で語られる「ニュータイプ」とは、人の進化系である。宇宙に設置されたスペースコロニーで生活し始めた人類が、地球上では体感し得ない無重力状態、何ら拠り所のない不安な空間で五感以外の新たな感覚を身につけるようになる、と定義されている。それは言葉などを使わなくても互いを分かり合える能力。ニュータイプを戦いの道具としてしか見なさないオールドタイプは一掃すべし、というのがシャアであり、人はもっと分かり合えるはずだとするのがアムロである。
 人は本当に分かり合えるのか?

 ララァ、私を導いてくれ。

 2007年6月5日
 柴 英斗
[PR]
by shibaei | 2007-06-08 10:57 | マンガ・アニメ


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧