日の本にて…  ハロー、シカゴ



差別

ニュースや新聞で「2009年の決断を」

みたいな文言をよく目にするようになった。

言うまでもなく、大統領選。

民主党、協和党、銃協会や原理主義などさっぱりわかってないので、あくまで無責任に言わせてもらうと、

マケイン氏の勝利だろう。

理由は簡単。

女が大統領になるなんて、という考えの人がオバマ氏を押した。

次は、アフリカン(黒人)が大統領になるなんて、という考えの人が多いようだ。

マケイン氏、あーだうーだ言わず「私は白い奴です!」って言ったらどうか。

対抗できるのは赤い彗星くらいだ。

2004年、ブッシュ氏の再任が決定した際、多くの知識層が「アメリカ大衆のレベルはこんなもんだ」と呆れて、カナダなどに移住したらしいが、今もそのレベルはそう変わってないと思う。

白人男性が白人以外の女性と結婚するのはとっても勇気がいるんだそう。出世や社会的成功を考える際。

白人女性が白人以外の男性と結婚するのは狂気の沙汰だそう。
「(白人女性が黒人と)つきあう理由はセックスだけ。結婚なんて考えられない」と敬虔な(?)クリスチャンの方が言っていた。

幸いにも、差別を感じたことはない。
(差別を感じるほどの語学力が未だない。)

シカゴはそんなに差別は激しくないらしい。

それでも、近くのスーパーの店員で、黒人、インド人、アジア人に対してだけ、無愛想な人はいるが。(寧ろ、話しかけられなくてほっとしてる自分がいる。情けない。)

実感するのは、日本人による日本人差別。

英語が堪能な日本人の方で、「私とあなたとでは中身が違うの。気軽に一緒にしないで!」オーラを出してる人がけっこう、いる。

例えば、アメリカンやユナイテッドに乗った際の日本人キャビン・アテンダント、できたらあまり接点を持ちたくない。アメリカ人のアテンダントの方がずっとましだったりして。

彼女たちは決して普段から無愛想なのではなく、アメリカ人が話しかけるととーっても明るく対応している。日本人にだけ無愛想。勿論、全員というわけではないが、決して少なくもない。

それこそ、差別する気はないが、女性に多いと思う。この傾向。

不思議ね。

単一民族で島国に住んでいるから気づきにくいだけであって、日本人の差別意識は相当に高い(低い?)と思うのだよ。

おおらかな(?)アメリカ人でも払拭できないんだから。

あと数十年したら、移民率が50%を越えるらしいが、それまでは移民系の大統領は難しいんではないだろうか?

全く無責任な予想、外れたらいくらでも頭は下げる。

見せてもらおうか、アメリカの大衆の決断とやらを。

ほんだらの。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
↑雨は止みました。ぽちっぽちっ。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-09-15 08:49 | 海外
<< 洒落にならん。 鉄砲水警報 >>


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧