日の本にて…  ハロー、シカゴ



ロスです。後、シカゴ。

飛行機に乗ることが珍しかった頃、可能な限り、窓側の席を取っては、雲海などを眺めてました。
子供時代ではなく、20代後半の頃の話です。

でも、体は硬くなったし、トイレは近くなるし、と最近はめっきり通路側派。

今回、研修が予定より早く終わったので、1便早い機を空席待ちで申し込みました。

アメリカで空席待ちする場合、ゲート近くで自分の名前が呼ばれるまで待機です。呼ばれたときにいなければ、無かったことになります。

無事、空席が取れ、それが窓側でした。

定刻通りに動き出したので、「子供が起きてる間に帰れるかも」と思ったら、「滑走路が塞がれているので数分待ちます。」とのこと。

「数分」は60分でした…。

すったもんだがあって、漸く離陸。
c0123806_1255165.jpg

大陸と太平洋の境界線が続きます。
c0123806_12552980.jpg

ロスからは日本行きにしか乗ったことがなかったのですが、初めて、海上で旋回して東に向かいました。

日本は緑の国というイメージですが、こうして見ると、アメリカはほんとに真っ茶色の国。
c0123806_1313767.jpg

これなんか、小学校の職員室近くの廊下に掛かってた立体地図みたい。
c0123806_1315177.jpg


久々の窓側、しかもまだ明るい時間のフライトということで、外を眺めるのもいいもんですなーと実感。

やっとシカゴに到着。
c0123806_12541011.jpg


それにしても、隣に座った50歳くらいの熟年アメリカ人夫婦。
滑走路で待機していた時間も合わせて、計5時間、旦那さんがずーっと奥さんの太ももを撫で回しておりました。
愛情なのか、習慣なのか、義務なのか、おすけべなのかわかりませんが、とにかく脱帽。

ほんだらの。


柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-05-22 13:16 | 海外
<< 秘密の小部屋 ロスです。2 >>


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧