日の本にて…  ハロー、シカゴ



ディズニーワールド 4日目

フロリダ州オーランドにあるディズニー・ワールドへ、4泊5日で行ってきました。

滞在日記を日毎に紹介してみます。
これから行く、行ってみたいという方の参考になれば嬉しいです。
※子どもが幼いため、過激なアトラクションは体験していません。ごめんなさい。
※ダークサイドな裏話はメルマガで。
  →http://www.melma.com/backnumber_102854_4074184/

4月21日(月) 晴

今日はのんびり起きて11時にバス乗り場へ。ハリウッドスタジオを目指します。

んが、待てども待てどもバスが来ない。
40分経ってやっと来たバスは既に満席。ちょっとしか乗れません。
その間、マジックキングダム行きのバスはどんどんやってきて、中には誰も乗らずに出発することもあります。
流石のアメリカ人も「クレイジー!」と言い捨てておりました。
もともと少ないのか、何かのトラブルなのか…。
結局、1時間ちょい待ち。今回の旅で一番待たされました。

やっとハリウッドスタジオ。
c0123806_10194167.jpg
最近、MGMスタジオから名前が変わったそうです。






ミッキーの塔の向こう、ハリウッド・ブルーバードを通り抜けたところに、でっかい帽子が見えます。
c0123806_1020932.jpg

映画「ファンタジア」の「魔法使いの弟子」でミッキーが被っていたものですね。
ファンタジアはリバイバルで映画館で何回か観たなぁ。名作。
これ。
c0123806_1047614.jpg

左に曲がると、インディ・ジョーンズのショー会場があるのでファストパスで予約。

その奥に進むと、電波少年で有名になった?あの曲が聴こえてきます。
c0123806_10262647.jpg

スター・ツアーズ。
でも、102センチ以下の人は乗れないので、今回はお預け。

その前で、ジェダイ・マスターになるための講習が受けられるんです!
c0123806_10255579.jpg

ベイダー卿、直々にライトセーバーの使い方をご教授いただけます。
驚愕なのは、ダースベイダーの声、本物です!
「アイム・ユア・ファーザー」って言って!!
講習が終わると、「お前もフォースのダークサイドに入れ」と誘われますよ。

隣のショップ、タトゥーイン・トレーダーズ。
c0123806_10314358.jpg

アナキンとルークが育った砂の惑星タトゥーインがモデル。

フォース・アカデミーのキャップを買ってしまいました。
いい歳して、欲しかった訳じゃないんです。
日差しがきつかっただけなんです。

さらにその奥に、バズ&ウディのグリーティング会場があります。
c0123806_1034761.jpg

これはグリーン・アーミー・メン。
c0123806_10361726.jpg
キャラクターたちは定期的に休憩を取られます。
自分の番が来たのに、「ちょっと待ってて」ということもしばしば。

子どもたちには言えませんが、内臓を入れ替えているのだと思われます。
まぁ、暑いし、中は恐ろしいことになっているんでしょう。

ここ場所には、この5月からトイ・ストーリーのアトラクションができるらしいです。


飛行機の中で子どもを静かにさせるために、ミツワの本屋で日本製のトイ・ストーリーの絵本を買って持ってきたのですが、奥さんが「これにサインしてもらおうよ」と思いつきました。
ウディのサイン。
c0123806_10404165.jpg

手書きで書いてくれます。
ウディもバズもやたら喜んでくれました。

こちらはバズ。
c0123806_10415976.jpg

彼は腕がよく動かないので、スタンプです。
インクなので既に消えてしまいました。(右膝のがそうです。汚れではない。)

近くには、トイ・ストーリーにも登場するピザ・プラネットもあります。
意外だけど美味い!!!

そうこうしているうちに時間。
いよいよインディ・ジョーンズ・スタント・スペクタキュラーが開演です。
c0123806_10444669.jpg

映画の名場面を再現しながら、舞台裏も見せてくれる優れもの。
場面転換は圧巻です。

ショー関係では一番おもしろかった。
まぁ、この映画が好きなので贔屓してますけど。

30分のショーが終わったのが2時半。
3時のパレードまで少し。

これまでの反省から、きちんと場所取りをしようとなりました。
パレードのコースを調べて、ゴールデンエージ・ショップの前辺りに確保!
この際、日差しが強いのは我慢するしかないっ。

ところが、3時直前になって僕らが陣取ったところから数メートル中央よりのところに人垣ができ始めました。
う?
「ここ、パレードの通り道ですよね?」
隣のアメリカ人にも確認。「そうだと思うんだけど…」彼も戸惑っている感じ。
よく見ると、新しくでき始めた人垣の足元には、仕切るようにテープが貼ってます。
係員もテープに沿って並ぶように言ってます。

なんと、「ディズニー・スター&モーターカー」はパレードではなかった!?

5台ほどの山車(?)がパーク内に入場してくると、定位置から動かなくなりました。
その場でキャラクターたちのダンスが始まったんです。
c0123806_1155134.jpg

1台目の山車が僕らの数メートル先、新しくできた人垣の前で停止してました。
これに乗っているのはグリーン・アーミー・メン。
2台目はさら向こう。それにウディが乗ってます。中途半端…。
その向こうは全く見えません。

何のための陣取り?

ただ、ダンスが終わり、退場するときには、例の後からできた人垣は追い払われ?
全ての山車が僕らの目の前を通過していきました。

またまた、絵本が大活躍。
かざしていると、ウディもバズも目ざとく見つけてくれましたねー。指差してくれたりして。
どっこから見えてるんだろ?
(内臓は先程とは違うはずです。)

中程の山車にモンスターズ・インク、後ろにはバグズ・ライフのキャラクターたちが乗ってました。お目当てのキャラによって陣取るところを考えないといけないみたいですね。

後は気が抜けたので、プラプラしてました。
c0123806_1110371.jpg
ゲキブルーがいましたぜ。

こちらのターボレンジャー・シリーズは、ディズニーチャンネルで放送しているのでその所為でしょう。
この辺りはスタント・ショーをやっているんですが、人はとっても少なかったです。

リトル・マーメイドの旅は子どもが爆酔しました。
波の音が心地よかったのかも。
無事、人間になれたアリエルのスカートの中が見えそうで気が気でありませんでした。
全国のお父さん、最前列確保には入場前の待合室で左の列に並びましょう!?

c0123806_1118378.jpg

トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー。
絶叫ライドなので今回は無視。

その周りは飲食店がひしめき合ってます。
c0123806_1119978.jpg
奥さんの大のお気に入りとなったターキー・レッグ。
肉食?

このハリウッド・スタジオはビールも販売してますし、喫煙所も他のパークよりは多い気がしました。ディズニー・シーのように対象年齢が高めなのかも。

夜8:30と10:00からの2回だけ、ファンタズミックというファンタジアみたいな人気のショーがあるはずですが、家族全員、お疲れ気味なので帰りました。ちょっと残念ですが。

では、また明日。

↑ご贔屓に。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-04-26 11:39 | 海外
<< ディズニーワールド 5日目 ディズニーワールド 3日目 >>


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧