日の本にて…  ハロー、シカゴ



シカゴ→日本、海外引越し -比較、大手2社!?

うちの会社は日本国内津々浦々、たまーに海外への転勤もあります。

私の場合、熊本→大分→新宿→池袋→梅田→シカゴ→町田(予定)、平均2年くらい。

シカゴは別として、社内ではこの異動数が特別というわけじゃござーせん。

にも関わらず、会社は特定の引越し業者と提携しているわけではないんです。

大人の事情です。

なので、異動の度に数社からの相見積りを出してもらい、それを会社に提出します。

今回の帰国のための見積りも、2社にお願いしました。

A社…ルーブル美術館もおまかせ!
B社…宅配でなく、宅…といえば!

国内でも引越しは大変。

それが海外引越しとなると、その大変度は倍どころではないんです…。

・荷物一個一個のリストを作り、その値段表を作る。この金額をもとに保険をかけるため。但し、保険に伴い料金も上がるので、法外な値段を書くと法外な引越し金額になる。
・航空便で1週間、船便は1~2ヶ月かかるので、食器類などの梱包方法が基本的に異なる。
などなど。

なので、業者のサービス内容、作業員の方々の協力体制など、むっちゃ気になります。

実は、日本からシカゴへはA社にお願いしました。

理由は

A社
・見積り担当者の内見がむっちゃ速い!パッパッとみてその場で見積もり金額を出した。
・梱包のスピードも速い!少人数だったが、精鋭ばかりという感じで、黙々と仕事をして積み込んでいた。

B社
・見積り担当者、おっそ。一個一個数えていた。
(以下2つは国内引越しのときの話)
・よく言えば、丁寧。積み下ろしの際、「お客様、この荷物は何処に置きましょうか?」と一々確認してくれた。雑貨でも。どこでも置いといてと正直思ったりもした。
・学生バイトが多い。


今回、シカゴで見積りに来てもらった内容

A社
・電話してから、実際に見積りに来てくれたのは1週間後。
・「今、帰国の方が多いので込み合ってます。あまり人員が避けません。リストは極力、ご自分で作成してください。」
・「同様に、日本語が分かるのはリーダーだけです。後の作業員はわかりません。私ですか?私は見積りだけを担当している人間ですので、当日は来ません。」
・「場合によっては、2日かかるかもしれません。」
・「港で検査が入ることがあります。その場合は、別途検査料をいただくことがあります。」(実際、入国のときは取られた。)
・見積り書が届いたのは、3日後。

B社
・電話してから、見積りに来てくれたのは3日後。
・「不安なことが多いと思うので、引越し当日は私(見積り担当の方)も、作業員としてお手伝いします。」
・「リストは基本、こちらで作成しますので金額だけ記入してください。」
・「当日のスタッフは、一人だけヒスパニック系がいますが、当社で10年以上勤続しているベテランです。日本語も少しなら分かります。」
・「この量なら、一日で大丈夫です。」
・「検査料ですか?当社はそういったものはいただくことはありません。」
・見積り書が届いたのは、その夜。

今回は当然、B社にお願いします。

実際の見積り金額には大差なく、実際に両者の作業内容を比べることはできません。

でも、B社です。シカゴへ来たときとは逆の結果ですけど。

何が言いたいか、分かりました?

担当者次第ですね。

A社の担当の方がよくないと言うわけではなく、B社の方がよかった、ということ。
相性かも。
見方を変えれば、A社が忙しいのは、それだけたくさんの日本人が利用しているから、とも言えるでしょう。

何を元に判断するかというと、つまるところ、「人」ですねー。

その人(人柄)を元に、その会社を判断する、

それが分かっているので、特に窓口や営業の人間は「自分は会社を代表している」という気持ちがある
(人によって度合いは違うでしょうが、全くないという人は珍しいのでは?)

これは日本人独特のものではないか、と思います。

アメリカでは分業化が進みすぎて、そこまでの責任感のある人の方が珍しい。
(自分の職務を全うするという責任感はあります。会社よりも自分へのプライドを重視するので。)

また、日本では当たり前と思っているサービス内容は、世界の常識から言うと、驚嘆されるくらいレベルの高いものです、多分。

日本企業はもっともっと海外進出していいんですけど。

如何せん、日本人はネットワーク作りが下手なんです。島国出身だし。

それも人柄なのかもしれませんが。

中国人の逞しさを少しは見習っていいかも。
c0123806_2348405.jpg
どんなに辺境の国に行っても、密林の奥深くに分け入っても、きっと見つけることができるはず。

チャイニーズ・レストラン。

もし、ジャパニーズ・レストランを見つけたら、シェフと話してみましょう。

ほら、チャイニーズ。

たくましかぁ!

ほんだらの。

↑48位。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑11位。
one qlick please, ぽちっぽちっ。

柴 英斗
ブログはほぼ日刊  http://shibaei.exblog.jp/
メルマガは月刊?  http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2009-02-02 13:15 | 海外
<< 領事館への在留届・帰国届 -海... シカゴのダウンタウン -DEP... >>


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧