日の本にて…  ハロー、シカゴ



冬のシカゴで運転する

雪の季節が始まりました。

どんなに雪が降ろうが通勤には車が基本。
(幼稚園や小学校は休みのときもあります。)

特にこの夏からシカゴに赴任された方、私の経験から、冬の運転の注意点を紹介します。
もう遅い?

1.トランクには雪かきを常備。
c0123806_12344316.jpg

肝心なのはブラシの方でなく、ヘラの方!

今日みたく、こんな風にうっすら積もる方が要注意。
c0123806_12352118.jpg

雪じゃなくて、氷。

雪は冷たいのさえ我慢したら手でも払えます。でも、氷は無理。

ヘラでガシガシはがしてください。

雪の場合、フロントガラスだけでなく、屋根の雪もしっかり落とさないと、ブレーキを踏んだときに雪崩がおきます。

運転中、いきなり視界がなくなるのはかなり焦りますよー。

2.空気圧に注意。

気温が下がると、空気圧が下がります。

うちの車も「空気圧注意!」のランプが点灯しました。

ガソリンスタンドで空気を入れましょう。
c0123806_1237383.jpg

50~75セントくらいです。無料のところもあります。

お金を入れたら機械が始動するものや、スタートボタンを押して動かすものがあります。

当たり前ですが、機械が動かないと空気は入りません。
私はそれを知らず、始動させないまま、必死でタイヤから空気を抜いてました。どんどんタイヤがつぶれていくので思いっきりホースを押しすぎて腱鞘炎になりそうでした。

このタイプだと、ハンドルを握ると空気を入れることができます。
c0123806_12383950.jpg

ハンドルを離すと空気圧をチェックしたり、入れすぎた空気を抜くことができます。

お金を払ったとしても、すぐに停止するので、4つのタイヤに入れるのはまず無理。

店員に相談する価値はあります。

写真のスタンドはうちの近所で、75セントとなっていますが、ここでガソリンを入れて店員に報告すると無料になります。

3.ウォッシャー液に注意。

雪が降ってなくても、周りの車の泥水しぶきでフロントガラスがすぐ汚れます。

雪が降ってないときの方が、水分が少なく、ワイパーを動かすとますます前が見えなくなって焦ります。

私、日本ではウォッシャー液など補充したことないですが、こっちでは自分でちょこちょこ補充してます。

不凍液がベター。

それでも、噴射口がよく凍って出なくなりますけどね。

4.ガソリンは常に半分以上を保つ。

渋滞なんかでガス欠になったら…

「おいで、パトラッシュ。ぼく、もう眠くなってきちゃったよ」


ほんだらの。

↑35位くらいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑10位くらい。ありがとうございます。
とにかくゆっくりが基本。ぽちっぽちっ。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-12-02 12:51 | 海外
<< シカゴで神戸牛を食べる 雪の季節、到来 >>


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧