日の本にて…  ハロー、シカゴ



フィールド自然史博物館

ダウンタウンにある Field Museum of Natural History に行ってきました。
c0123806_910190.jpg

シェッド水族館のすぐ隣です。08年4月6日のブログ

自分が見学したいものによって、大人一人14、22、28、33ドルと料金が変わります。
(3歳以下は無料)
詳しい料金はこちら
インカ帝国や自然災害などは見てもよく理解できないと思ったのと、「地底探検」は見てみたいと思い、22ドルのチケットを購入。

今から思うと、14ドルのチケットでも見所は十分でした。

入っていきなりメインのSueが。
c0123806_9103698.jpg

ティラノザウルスのスーくんです。
(正確に言うと性別は不明)
c0123806_912577.jpg

2階から見ると恐竜のでかさがわかります。

ここの博物館はとにかく恐竜の化石が多いことで有名。

男なら誰しも一度ははまる恐竜。

私も昔、学研さんの「恐竜のひみつ」を擦り切れるほど読みました。

ヨロイ恐竜ステゴザウルス
c0123806_9194755.jpg

史上最大ブラキオザウルス(じゃなかったな。名前わすれた。)
c0123806_920778.jpg

三つ角恐竜トリケラトプス
c0123806_9202599.jpg

恐竜大好きだったあの頃に、こんな博物館に来れていたら、化石ハンターになってたね。
(ないない。)

他にも動物学や植物学、人類学のカテゴリーに分けられたいろいろな展示物が豊富にそろえられています。

アメリカ人にも人気のパンダ。たくさんのアメリカ人が撮影してました。
c0123806_9245050.jpg

そういえば、アメリカの動物園にはパンダはいないかも。
これはグロい。巨大オタマジャクシ。
c0123806_925638.jpg




「地底探検」は別料金。

自分が小さくなったと仮定して、巨大な昆虫たちでいっぱいの地下を探検します。
c0123806_9265690.jpg

遊園地のアトラクションではないですから。そんなドキドキはしませんよ。


我々は子どもが小さいことと、英語の説明を全く読まず・聞かずでしたので、ポンポン進んで4時間ほどでほとんど全て周ることはできました。

でも、とても勿体無い周り方だったと思ってます。

シェッド水族館もそうでしたが、とにかく広いので、じっくり見たい人、歴史や生物に興味のある方は見たいものを予め決めておくこと時間に余裕を持って行くことをお勧めします。


帰りの車で、子どもに聞きました。「何が一番楽しかった?」

「おさかな!」

あぁ、通路の途中にあった気休めみたいな、小さーい水槽にいた、ちびっちゃーい魚ね…。


ほんだらの。

↑40位くらいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑登録カテゴリーを変更しました。「アメリカ中西部」→「アメリカ」となってます。9位。
もう少し大きくなって恐竜に興味を持ったら、悔しがるだろうな、絶対。蘇れ、記憶よ!!ぽちっぽちっ。

柴 英斗
ブログはほぼ週刊?  http://shibaei.exblog.jp/
メールマガジンは月刊 http://www.melma.com/backnumber_102854/
[PR]
by shibaei | 2008-11-30 09:38 | 海外
<< クリスマス準備 サンタさんにお願いっ! >>


シカゴ生活を経て、子育てやアニメ・特撮、海外赴任経験を語ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
タグ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧